漢字読み講座

【これは「まんてんぼし」。え?他の読み方ってあるの?】「満天星」、他の読み方は分かる??

これは小学生でも読める、「まんてんぼし」。

 

都会の夜空では見ることができなくなってしまった今日この頃、田舎の空気が澄んだ場所では現在でも夜空いっぱいの星を見ることができると思います。

 

そんな「満点星」ですが、実は星の名前以外にも違う読み方があるのをご存じですか?

 

夜空いっぱいに広がった星をイメージしてしまう今回の難読漢字、かなり難しいのでヒントを参考に頑張ってみてください!

 

「満天星」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① これは日本にも自生している樹木の花です。

ヒント➁ 白い可愛らしい提灯のような花をつけます。

ヒント③ 「〇ウ〇ン〇ツ〇」の7文字です。

 

「満天星」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ドウダンツツジ」です!

 

「ドウダン」とは、この植物の花が枝分かれしている様が、夜に使う提灯の脚部と似ていることから「トウダイ」がなまったもの。

そのため、「トウダイツツジ」とも呼ばれています。

 

「満天星」という漢字が使われているのは、本種がある中国での名称をそのまま引用しているためで、読み方は和名の「ドウダンツツジ」となっています。

 

また、あまり知られていませんが、1991年2月に発見された小惑星「6786」には、この植物にちなんで「満天星(ドウダンツツジ)」の名称がつけらているんです。

 

可愛らしい見た目と、その輝かしい名前をもつドウダンツツジ、素敵すぎます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA