漢字読み講座

【「甘い藍(あい)」って、「甘い愛」のこと!?】「甘藍」、あなたは何と読むか分かりますか?

「甘藍」という漢字、かなり難問です。

 

漢字を別々にして読むと、「甘い藍(あい)」となってすごい素敵な響きがするんですが、残念ながら愛のメッセージではありません。

 

普段はカタカナで表記されるもので、まず目にすることがないこの漢字。

 

もしかして、昔からある八百屋さんでは表記されているかも!?

 

「甘藍」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① これは野菜の名前です。

ヒント➁ 「〇〇〇ツ」の4文字です。

ヒント③ レタスと外観は似ています。

 

「甘藍」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「キャベツ」です!

 

「キャベツ」といえば、誰もが知っている野菜の一つ。

漢字では「甘藍」と書き、「かんらん」と読むのも正解です。

 

そんな「キャベツ」は、アブラナ科の多年草ということで、まさに草というか葉っぱの集合体。

もともとは薬草の一種として、紀元前にヨーロッパで栽培されていたのが起源となっていて、なんと「世界最古の野菜の一つ」とも言われるくらい、輝かしい歴史のある野菜なんです。

 

栄養をたっぷり含んだ「甘藍」、今日の晩御飯は回鍋肉に決まりです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA