漢字読み講座

【「葱が分かれる」と何になる?「ぶんねぎ」?】「分葱」、あなたは読めますか?

野菜の「葱(ネギ)」が入っているこの漢字、どこをどうみても「何かの葱」であることは「分かり」ますね。

 

もしや、「葱だと分かる」野菜だから「分葱」?

 

でも、「葱」がつく野菜といっても、「長ネギ」「玉ネギ」「深谷ネギ」くらいしか思いつきませんが、「分葱」っていったい何でしょうか。

 

ここは素直にヒントを見て、未知なるネギに迫ってみましょう!

 

「分葱」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① 正式にはネギの種類ではないので、「〇〇ネギ」とは読みません。

ヒント➁ 「〇〇ぎ」の3文字です。

ヒント③ 脇の下から生える毛の名前に似ています・・・。

 

「分葱」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「わけぎ」です!

 

名前が「脇毛(わきげ)」に似ていますが、「わけぎ」ですwww

 

「わけぎ」は、玉ネギと同様、球根をつける多年草の一種であり、一般的に野菜として食されています。

 

熊本県の方では「一文字(ひともじ)」、大分県の方では「千本(ちもと)」とも呼ばれて親しまれています。

 

日本では、あまり家で並ぶような家庭料理には使われていませんが、有名なものと言えば、韓国料理のチヂミでしょう。

やはりネギ系の野菜は薬味として、料理の味を深くしてくれるスパイスとして重宝しますね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA