漢字読み講座

【剰え】「じょうえ」?違います!本当の読み方わかりますか?

漢字クイズのお時間です。

今回の漢字はこちら。

「剰え」という漢字、読むことができますか?

「過剰(かじょう)」や「余剰(よじょう)」の「剰」ですが、そこは漢字クイズ。

さすがに「じょうえ」とは読みません。

ヒントを参考に答えを考えてみてください!

「剰え」の読み方のヒントは?

まずはこの漢字の読みが何文字なのかをお教えします。

送り仮名含めて5文字。

つまり「○○○○え」です。

そして何より大事なのがこの単語の意味です。

前の文章の内容に対して、「その上さらに」という意味を付け加えます。

「日が落ちて、剰え雨まで降ってきてしまった」のように使います。

お分かりになりましたでしょうか?

正解は…

正解は…

あまつさえ

でした!

日常会話ではあまり使われることはありませんが、文章ではたまに目にすることがあります。

もしかすると漢字で表記されていることもあるかもしれません。

ぜひこの機会に頭に入れてておいてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA