漢字読み講座

【単純な言葉だけど、読めない・・・。「訛り(なまり)」のある「音」??】「訛音」、あなたは読めますか?

言葉としてはすごくシンプルに「訛り(なまり))」と「音」。

 

「訛り」とは、地方などで独特のアクセントや言い回しをする言葉のことですね。

その「訛り」に「音」が組み合わさった「訛音」。

 

そのままの意味で考えれば、「訛った言葉」と推測できますが、いかがでしょうか?

 

「訛音」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇」の3文字です。

ヒント② 朝起きたら、まずはここを洗いましょう!

ヒント③ 読み方は複数あり、その一つは「けいん」です。

 

「訛音」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「かおん」です!

 

「訛音」は、「訛り」だけに「かいん」や「けいん」と読んでもOKです。

「訛音」とは、「言葉の正しい音がくずれたもの」を表し、簡単に言えば「方言」のことですね。

 

せっかくなので、ここで豆知識を一つ。

「訛り」と「方言」の違いをご存じでしょうか?

 

「訛り」は、あくまで標準語を発しているけれども、その地域特有のアクセントがついたものをいい、「方言」は言葉そのものが地域特有の言葉に変換されたものを言います。

 

でも、田舎に行くと「訛り」と「方言」が重なって、もはや原形を留めていない言葉が多くて、何を言っているか分からないんですけどねwww

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA