漢字読み講座

【「誕生日」は誰でも嬉しい!その「誕」に「る」がつくと何と読む?】「誕る」という漢字、あなたは読めますか?

毎年必ずやってくる、「誕生日」。

 

小さい頃はケーキが食べられてプレゼントももらえて、また1つ大人になった気がして嬉しかった記憶があります。

 

それがピークになるのは16~18歳頃で、それを過ぎると歳なんか気にしなくなり、それすら過ぎると、いつからか目を背け始める・・・

 

女性に歳は聞いてはいけない、なんて言葉があるくらい「誕生日」は罪なものかもしれません・・・。

 

「誕る」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇る」の4文字です。

ヒント② 「たんる」ではありません。

ヒント③ 「違うこと」「嘘をつくこと」です。

 

「誕る」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「いつわる」です!

 

「いつわる」と言えば、「偽る」という言葉が一般的に使われていますが、その字のとおり、「誕る」も「違ったことを言う」や「嘘をつく」ことと同義なんです。

 

えー、じゃあ「誕生日」って「偽りの生まれた日」ってこと??

 

となりますが、大人のレディにとっては意外にそうなのかもしれませんwww

 

字の成り立ちを見ても、「言う」と「延ばす」ですから、「言葉を延ばす=大げさに言う」ということになり、「偽り」という意味として使われるのも納得できますね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA