漢字読み講座

【地元の人なら簡単!普段利用しない人にとっては難問!】「九品仏」、あなたは読めますか?

「九品仏」という漢字、みるからに「仏様」に関係した言葉のような気がしますね。

 

阿修羅象のように「いくつも顔がある仏像」を想起させますが、1体の仏様ではなく「9つの仏様」のことを表しています。

 

ですが、今回の難読漢字は「仏様そのもの」の方ではありません。

 

地元の人以外はかなり難しいので、ヒントを見ながら正解に近づいていきましょう!

 

「九品仏」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇」の5文字です。

ヒント② 「品」を「ひん」とは読みません。

ヒント③ 最初の文字は「く」です。

 

「九品仏」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「くほんぶつ」です!

 

「九品仏」とは、東京都世田谷区奥沢にある東急電鉄大井町線の駅です。

 

駅名の由来は、「九つの阿弥陀如来象」がある「九品仏浄真寺(くほんぶつじょうしんじ)」からきています。

そこからちなんで、「九品仏」といえば駅名だけでなく奥沢の6丁目~7丁目付近の地名も表すようになりました。

 

ちなみに、この九つの仏様は、それぞれ上品上生(じょうぼん・じょうしょう)、上品中生、上品下生、中品上生、中品中生、中品下生、下品上生、下品中生、下品下生といった、極楽往生の九つの階層を表していて、これらをまとめて「九品」というそうです。

 

「九品仏」に行くときは、ぜひこの「九品仏」を見てみたいものですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA