漢字読み講座

今日の難読漢字は「彼式」「蝶番」「帰依」の3文字です。全問正解したあなたは漢字マスター!!

今日の難読漢字は、

「彼式」

「蝶番」

「帰依」

の3文字です。

あなたは何問正解できますか?

1問目は「彼式」です!

「彼式」って読めますか?

かれしき」としか読めない!とお思いの方も多いのではないでしょうか?

そして、どんな意味の言葉か分からないという人もいるのでは・・・?

そこで今回は、「彼式」の読み方を言葉の意味もまじえて見ていきましょう!

「彼式」の読み方のヒントは・・・?

「かれしき」とは読まないのですが、ひらがなで「〇れしき」と読みます!

1文字違いなので楽勝ですよね!?

さあ、何と読むか分かりましたか?

「彼式」の読み方の答えは・・・

正解は、「あれしき」でした!

「彼式(あれしき)」の「彼」という漢字には「男性・彼氏」のような意味合いの他に、「向こう・あれ・あの」という意味があります。

「彼岸(ひがん)」は極楽浄土、悟りを開いた悟りの境地・極楽浄土を意味していて、今世に対する「あちらの岸」という意味なんです。

「彼式」の「式」には、「軽視すべき程度である」という意味があります。

そして「彼式」とは、次のような意味をもつ言葉なんです。

  1. あのやり方。⇒(例)彼式では上手くいかないだろう。
  2. あれっぽっち。ほんのあれくらい。⇒(例)彼式のことで根を上げていてはいけない。

単に「あのやり方」というよりは、「あのやり方ではだめだ」「たったあれくらいで」というニュアンスがポイントですね。

2問目は、「蝶番」です!

「蝶番」って、「蝶(ちょう)」と「番(ばん)」で「ちょうばん」としか読めない!

他の読み方なんて思いつかない!という人も多いのではないでしょうか?

でも残念。「ちょうばん」ではないんです・・・

「蝶番」の読み方のヒントは・・・?

読み方はずばり、ひらがなで「ちょう〇〇〇」です。

「蝶番」の「蝶」はそのまま「ちょう」と読むんですね。

問題は、「番」の読み方だと言う訳です!

そしてもう1つヒントです。

「蝶番」は、誰の家にも使われている、ある「金具」です。

もう分かりましたか?

「蝶番」の読み方の答えは・・・

正解は、「ちょうつがい」でした!

「蝶番(ちょうつがい)」と聞いても、どんな金具なのか分からないという方もいるかもしれませんね。

蝶番は、開き戸や箱のふたを開閉できるようにするための金具です。

中央に芯があって、左右にパタパタ動く金具が付いている形状が、本当に蝶のようなことから「蝶番」の名前が付きました。

「番」という漢字は、「順番」「〇番目」などという「ばん」の他に、2つ合わせて1対になる「番(つがい)」という意味・読み方も持っているんです。

自宅のドアなどを見てみて「蝶番(ちょうつがい)」を探してみてくださいね。

最終問題は、「帰依」です!

たまに見かけることのある「帰依」。

だけど何て読むのかわからない、「きい」かな?と自信のないまま読んでいると言う人も多いのではないでしょうか?

この機会に、正しい読み方をマスターしましょう!

意味があやふやな人のために、「帰依」の意味も詳しく解説します。

それではさっそく見ていきましょう。

「帰依」の読み方のヒントは・・・?

「きい」と読むのは間違いですが、ひらがなで「き〇」と読むのが正解なので「きえ」は実はすごく惜しいんです!

ひらがなを1文字ずつ当てはめていけば、必ず正解にたどり着きますよ。

しかも、50音の「あ」から順にいけば、すぐに正解の文字が現われます。

もう分かりましたか?

「帰依」の読み方の答えは・・・

正解は、「きえ」でした!

「帰依」というのは、実は仏教教護。

仏教において、「仏を進行し、教えを乞うて仏教の教えのままに生きること」を意味します。

具体的には、お釈迦さまと同じ修業をすることで悟りを開いで、成仏を目指すことが、「帰依する」ことだと言われています。

また、一般的には「神や仏、高僧など優れた人物を信じて従うこと・全面的に頼ること」という意味で使われます。

「彼は仏門に帰依するそうだ」

「科のお所は仏に帰依を誓った」

などという感じで聞いたこともあるのではないでしょうか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA