漢字読み講座

「二合半」って、「にごうはん」以外の読み方があるって知ってましたか?

「合(ごう)」は、体積の単位です。

「升(しょう)」の10分の1、「勺(しゃく)」の10倍が「合(ごう)」になります。

お米やお酒の量を表すのに使われる単位ですよね。

1合は約180ccです。

そこで今日の難読漢字「二合半」ですが・・・

「にごうはん」以外の読み方もあるのをご存知ですか?

それでは、さっそく見ていきましょう!

「二合半」の読み方のヒントは・・・?

「にごうはん」としか読みようがない気がする「二合半」。

「にごうはん」以外の読み方も、漢字からは想像できない読み方なんですよ。

そこでヒント!

ひらがなで「〇な〇ら」の4文字です。

考えてみてください!

「二合半」の読み方の答えは・・・

正解は、「こなから」でした!

「二合半」は、1升の半分の半分。

つまり4分の1ですよね。

そのことから「少ない・少量の」という意味があるんです。

少量のお酒の事を「こなから酒」という言い方をします。

また、江戸時代に下級武士に支給されていたお米「扶持米(ふちまい)」が1日5合、それを朝夕に分けて食べていたので1食2合半だったことから、「たったこれだけ」と見下す意味も含んでいるんですよ。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA