漢字読み講座

「金亀子」ってなんて読む? たわしは「束子」です!

「金亀子」と書いて、なんと読むか分かりますか?

かなたわしは「金たわし」です。ちなみにたわしは「束子」です。

金の亀の子と書いて、「金亀子」。

さて、なんと読むでしょうか?

「金亀子」読み方のヒントは?

夏にいる昆虫の事です。

この虫は金持ちなんだそうです。

金色を帯びた緑色の、金緑色(きんりょくしょく)や鈍い赤色などで、光に向かって飛んでくる昆虫です。

財布に入れておくとお金が溜まるんだそうですよ。

「金亀子 擲つ闇の 深さかな」(〇〇〇〇〇 なげうつやみの ふかさかな)なんて高浜虚子の俳句が有名ですね。

金持ちという所で分かったかも知れませんが、童謡に出てくる虫です。

〇〇〇〇〇は金持ちだ 金蔵建てた蔵建てた 飴屋で水飴買つて来た

という歌詞になります。

金亀子」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇〇」です!

さあ、もうわかりましたか?

金亀子」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「こがねむし」

です!

「黄金虫」と書く方が有名ですが、ぜひ覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA