漢字読み講座

「刀自」って何て読む?(とうじ)とも読みますが……

「刀自」って何て読むか分かりますか?

(とうじ)ではありません。

 

読み方は、ひらがな2文字です

 

”○○”

 

さあ、一体何と読むのでしょうか?

 

「刀自」の読み方のヒントは?

「刀自」の意味は以下の4つです。

  1. 先輩の女性を敬って呼ぶ称。名前の下に付けて敬称としても使う。
  2. 主婦の別称。
  3. 宮中で雑務をしていた女官。
  4. 貴族の家に仕え、家事を担う女性。

 

主に、家事をする女性の呼び方で、「包丁を司る人」という意味が込められています。

 

何と読むか分かりましたか?

「刀自」の読み方、正解は……

正解は……

 

「とじ」

 

です!

 

「家刀自」(いえとじ)とも言います。

 

婦人・奥方・家政婦などが類語です。

 

また、酒刀自(さけとじ)という言葉もあります。

 

酒刀自が転じて「杜氏」になったとも言われています。

 

杜氏とは日本酒の蔵で酒造りを取り仕切る責任者のことです。

 

近年、日本酒も人気のお酒になりました。

 

特に吟醸、大吟醸と呼ばれる吟醸造りを用いて造られた日本酒はフルーティーな香りを持ち、従来の日本酒とは違った美味しさを楽しむことができます。

 

ぜひ一度、飲んでみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA