漢字読み講座

「塘蒿」なんて読めそうもないという人のためにヒントです!野菜の名前の1つです!

「塘蒿」なんて馴染みのない漢字、読めそうにもない!

・・・と思われる方もギブアップしないでください。

野菜の名前を表す漢字ですよ。

さっそく考えていきましょう!

「塘蒿」の読み方のヒントは・・・?

それでは、ヒントです!

  1. 「塘蒿」の歴史は古く、古代ギリシャやローマで香料や薬として用いられていました。
  2. 癖のある香りが特徴です。
  3. 惜しまれつつも解散した国民的アイドルグループのヒット曲のタイトル「〇〇〇」

さあ、分かりましたか?

「塘蒿」の読み方の答えは・・・

正解は、「セロリ」でした!

「塘蒿(セロリ)」の「塘」は「つつみ・川や池の土手」、「蒿」は「よもぎ」という意味をもつ漢字です。

16世紀末に日本に入ってきた当時は、よもぎの1種だと思われていたようでこの漢字が当てられました。

ちなみに「塘蒿(セロリ)」を日本に初めて持ち込んだのは、誰だか分かりますか?

何と、戦国武将の加藤清正なんですよ!

そのことから、セロリは別名「キヨマサニンジン」とも呼ばれていたんだとか。

江戸時代になるとオランダ船によって長崎に伝わり、明治中頃から栽培されるようになりました。

オランダから伝わったことから「オランダミツバ」とも呼ばれていたんですよ。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA