漢字読み講座

「虫唾」ってなんて読む? (ちゅうすい)ではありません。

虫唾」と書いて、なんと読むか分かりますか?

よく似ている、ちゅうすいえん(盲腸)は、「虫垂炎」と書きます。

「虫唾」の「唾」は、垂れるの漢字の左側に「口」が付いています。なので意味も違ってきます。

「虫唾」は誰でも一度は身を持って味わった事のある、アレのことです。

よく使われている言葉ですが、意味はあまり知られてないかも知れません。

さて、「虫唾」と書いてなんと読むでしょうか?

「虫唾」読み方のヒントは?

胃の調子が悪くてもどしてしまう時などに、胃から口に逆流してくる、あの酸っぱい液のことを「虫唾」といいます。

胃液と言ってもいいのですが、あの酸っぱすぎる液は、単に胃液というよりももっと不快なイメージです。

なので、とても不快で、吐き気がするほど嫌なことを例える時に

虫唾が走るほど嫌い

などと言ったりします。

吐き気を覚えるほど相手に不満があるという事なので、かなりの不快感ですね!

他にも生理的に受け付けない時に、

見ただけで虫唾が走る

など。

女子にありがちな悪口ですが、悪口としては最上級の部類に入ると思います……。

「虫唾」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

さて、もうわかりましたか?

「虫唾」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「むしず」

です!

 

嫌すぎてぞっとするという意味で使う時の言葉は「肌が粟立つ」ですかね。

虫唾が走るとは少し違います。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA