漢字読み講座

「霹靂」・・・画数が多過ぎて読めないだけじゃなく書けない!?読み方だけでもマスターしましょう!

「薔薇」と書いて、ばら。

「麒麟」と書いて、きりん。

「瑠璃」と書いて、るり。

「憂鬱」と書いて、ゆううつ。

画数の多い漢字は何と読むのか難しいものも多いですが、ひらがなやカタカナには無い独特の世界感を感じませんか?

「霹靂」は、特別画数が多いように見えますね。

書くのは無理でも読み方だけでもマスターしましょう!

「霹靂」の読み方のヒントは・・・?

「霹靂」の文字はどちらも「あめかんむり」が付いていることから分かるように、天候に関係する漢字です。

「霹靂」はずばり、次のような意味をもっています。

  • 雷・いかずち・雷鳴
  • 雷が激しく鳴る、落雷する、大きな音が響き渡る

「雷」そのものという意味に加えて、雷が激しくなったり大きな音で響き渡ったりする様子を表すのが「霹靂」です。

そして、大ヒント!

「霹靂」が使われることわざがあります。

「青天の霹靂」ですよ!

もう分かりましたよね?

「霹靂」の読み方の答えは・・・

正解は、「へきれき」でした!

「青天の霹靂」ということわざは、「思いがけず生じた大きな出来事」という意味で使われます。

青く晴れ渡った天気の良い日に突然雷鳴が響き渡ったら、びっくりしてしまいますもんね。

近年では、国民的大ヒットを記録したアニメ『鬼滅の刃』の人気キャラクターである我妻善逸(あがつまぜんいつ)が「霹靂一閃(へきれきいっせん)」という技を繰り出すことから、「霹靂」を読める子供が増えているんですって!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA