漢字読み講座

「駝鳥」「寒蝉」「骨牌」これらの読み方は?【難読漢字に挑戦!】

今回のお題は「駝鳥」「寒蝉」「骨牌」です。

どこかで見たような気もするけどなかなか難しい…

あなたには全て読むことができますか?

1問目はこの漢字から!「駝鳥」

「駝鳥」の読み方をご存じでしょうか?

「馬」と「鳥」で「ばどり」と読むのは、もちろん間違いです。

馬偏に「它」という字がついていますよ。

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「駝鳥」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  2. 鳥類では最速で走ることができます
  3. 鳥類で最大の大きさです

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「駝鳥」の読み方!正解は!?

正解は「ダチョウ」です!

普段はカタカナで書くことが多いのですが、漢字表記も知っている方が意外に多かったかも知れません。

「駝鳥(ダチョウ)」と「駱駝(ラクダ)」の「駝(ダ)」は同じ漢字を使います。

これは、ダチョウの姿がラクダに似ているからだそうですよ。

北アフリカの砂漠に多く生息するダチョウは、大きさが2メートル以上といいますから、近くで見たら圧倒されそうですね。

ダチョウは足が発達していて、なんと時速70キロメートルで走ることができます。

2問目はこの漢字!「寒蝉」

「寒蝉」の読み方をご存じでしょうか?

「かんぜみ」や「かんせん」とも読めますが、もっと耳慣れた読み方が存在します。

誰もがきっと耳にしたことがある、あの名前ですよ。

さて、あなたには正解がわかりますか?

「寒蝉」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇〇〇〇」の7文字
  2. 蝉の一種です
  3. 夏の終わりから秋口にかけて鳴きます

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「寒蝉」の読み方!正解は!?

正解は「ツクツクボウシ」です!

「かんぜみ」や「かんせん」とも読めると冒頭でお話ししましたが、これらは「秋に鳴くセミ」という意味になります。

「ツクツクボウシ」も秋に鳴くセミなので「寒蝉」と書くようになったのですね。

ちなみに「寒蝉」と書いて、同じく秋のセミの一種である「ヒグラシ」と読むこともできますが、「ヒグラシ」は「蜩」と書くのが一般的です。

また、「ツクツクボウシ」は「ツクツクホウシ」「オーシンツク」などと呼ばれることもあります。

最後はこの漢字!「骨牌」

「骨牌」の読み方をご存じでしょうか?

見たまま「こっぱい」と読むこともできますが…

誰でも知っている、あのゲームの名前です。

さて、あなたには正しく読むことができますか?

「骨牌」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字
  2. ポルトガルから伝来したゲームです
  3. 「〇〇〇取り」と呼ばれることも

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「骨牌」の読み方!正解は!?

正解は「カルタ」です!

カルタとは、ばくちやゲームに使う絵や文字が書かれたカードのことをいいます。

「カルタ取り」と呼ばれることもありますね。

子供の頃、お正月になるとカルタを楽しんだという方は、多いのではないでしょうか。

「歌留多」や「加留多」と表記されることもあり、いずれも「カルタ」と読みます。

「歌留多」「加留多」と書くのは、ポルトガル語の「carta」をそのまま漢字にしたものです。

また「骨牌(こっぱい)」は、漢語が由来となっています。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA