漢字読み講座

「鼎に」ってなんて読む? 今!〇〇に!たった今!?

鼎に」と書いて、なんと読むか分かりますか?

漢字は難しい部類に入りますが、読み方は簡単です。

聞いたこともあるし、口に出したこともある言葉だと思います。

さて、「鼎に」と書いてなんと読むでしょうか?

「鼎に」読み方のヒントは?

最大のヒントは

今!〇〇に!たった今!

です(笑)

 

「鼎に」は、丁度、確かに、間違いないという意味です。

普段書く時には「正に」と書くことが多いでしょう。

他にも「当に」「雅に」「将に」と書いても正解ですが、「鼎に」と書くとなんだか重量感がでて、より読んでいる人にインパクトを与えられる気がします。

なので、かしこまった書類などに書かれていることもあります。

「鼎」だと、三本脚の器のことで(かなえ)と読みます。

なじみがない漢字ですが、サッと読めるとカッコいいです。

「鼎に」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇に」です。

さて、もうわかりましたか?

「鼎に」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「まさに」

です!

 

テレビの中継リポーターが

今!まさに!たった今!

と言っているのも「鼎に」なのかも知れませんよ。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA