漢字読み講座

【今日の難読漢字】「湿地」「泥鰌」「井蛙」「途轍」「縺れる」ってなんて読む?

今日の難解漢字は、

「湿地」

「泥鰌」

「井蛙」

「途轍」

「縺れる」

です!

どれもなんとなく読めそうな漢字ばかりですが、

なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「湿地」です!

そのまま読んだら「しっち」ですね。じめじめした土のことを湿地と言いますが、今回は他の読み方となります。

どうしても「しっち」というイメージがあると土や地理に関係したもののように見えてきますが・・・

さあ、「しっち」以外で何と読むのでしょう?

 

「湿地」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇」3文字の食べ物です!

ヒント➁ これはキノコの名前です。

 

湿地」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「しめじ」です!

言われてみれば読めなくもない字ですが、他にも「占地」や「王茸」なんて表記したりします。

しめじにはいろんな種類がありますが、味はあまり違いがないのも事実・・・。

食用キノコ全般に対して「香りマツタケ、味しめじ」なんて言ったりしますよね!

 

また、キノコの多くは養殖栽培で育てていますが、しめじは生きた木の外生菌根菌であることから、栽培が非常に難しいキノコなんです。

だから、基本的には大自然の中で取れたもののため高級品とされています。

鍋料理などの端っこにいる脇役のイメージでしたが、次からはきちんと味わって食べてみようと思います!

2つ目の漢字は「泥鰌」です!

「泥鰌」の読み方ですが、普通は「カタカナ」表記なので、漢字になったものはあまり目にしませんね。

 

1文字目は「泥(どろ)」と分かるんですが、2文字目が難しい・・・。

 

「鰌」は、魚へんに「酒」のような字が組み合わさっていますが、「さけ」や「しゅ」とは読みません。

 

ちなみに、「鰌」の1文字だけでも「泥鰌」と同じ読み方をします。

 

「泥鰌」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇〇」の4文字です。

ヒント② 「泥」の中をはじめ、田んぼや小川に生息しています。

ヒント③ 「柳川鍋」といえばコレ!

 

「泥鰌」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「どじょう」です!

 

「泥鰌」は、食用でもお馴染み、ウナギに似た淡水魚ですね。

 

「泥」の字から分かるとおり、生息地は「泥」がある田んぼや小川です。

大きさは20cm程度で、口ひげは両方に5本ずつあります。

 

ちなみに、口ひげが3本になると「シマドジョウ」や「アメドジョウ」と呼ばれている種類になり、いずれも食用にされています。

 

昔から柳川鍋のメイン材料として親しまれており、その独特な味が多くの人を魅了している、そんな「泥鰌」です。

3つ目の漢字は「井蛙」です!

「井蛙」と書いてなんて読むかわかりますか?

 

井戸の「井」と「蛙」なので、(いかえる)ではありません。

 

「天井」(てんじょう)の「井」(じょう)とも読むので、(じょうかえる)でもありません。

 

もちろん、意味は「井戸の中の蛙」を表します。

 

(いどのかわず)と読みたいところですが違います!

 

「井蛙」の読み方のヒントは?

「井」を(い)と読むのは訓読みです。

 

では、「井」の音読みを知っていますか

 

同じく「蛙」を(かえる)と読むのは訓読みです。

 

では、「蛙」の訓読みとは一体なんでしょうか

 

この2つがわかれば正解したも同然です!

 

「井蛙」の読み方、正解は……

正解は……

 

「せいあ」

 

です!

 

中国の思想家である荘子の教えである「井蛙には以って海を語るべからず」という言葉が由来です。

 

日本では、「井の中の蛙大海を知らず」で有名です!

 

「井底の蛙」(せいていのあ)とも言います。

 

世間知らずで、見識が浅い人を例えた言葉で、自分の狭い知識や考えに囚われ、他の広い世界を知らずに得々としていることを表しています。

 

もっとたくさんのことを知って、自分の世界をどんどん広げていきたいです!

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

4つ目の漢字は「途轍」です!

「途轍」と書いて、なんと読むか分かりますか?

今まで見たことのない位の大きい物を伝える時に、どう表現しますか?

そう、あの言葉です!

さて、「途轍」と書いてなんと読むでしょうか?

「途轍」読み方のヒントは?

「途轍」だけだと、すじみち・道理、という意味ですが、

「途轍もない」と書けば、途方もない。なみはずれた。という意味になります。

「途轍」の筋道や道理から外れた意味から「常識では考えられない、とんでもない」という意味になったと言われています。

どちらかといえば、「途轍もなく大きな」「途轍もない痛み」「途轍もなく強い」など、大きさや強さを強調する時に使う方が多いでしょう。

他人に説明する時に、使ったことがありませんか?

きわめてずば抜けているという意味でも使われているので、「途轍もなく優秀」などと使う事もありますね!

「途轍」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です!

さあ、もうわかりましたか?

「途轍」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「とてつ」

です!

 

ぜひ、覚えておきましょう。

5つ目の漢字は「縺れる」です!

「縺れる

これ、何と読むかわかりますか?

 

よ〜く考えると読み方がわかるこの漢字。

 

さあ、あなたは何と読みましたか?

 

「縺れる」読み方のヒント!

 

「縺れる」の漢字には、糸偏が使われていますね。

 

この言葉も、糸や繊維にまつわる言葉なんです!

さあ、糸に関係する言葉を思い出してみましょう…

 

さて、読めたでしょうか?

 

「縺れる」の読み方、正解は…

気になる正解は…

 

 

 

 

「もつれる

です!

 

「縺れる」は、

「線状のものが絡まり、解けなくなる状態」を表す言葉です。

ほかにも「足や舌がうまく動かず、言動に支障が出ること」を指す場合もあります。

 

「ネックレスのチェーンが縺れてしまった」

「足が縺れてうまく歩けない」などで使われます。

 

また、糸が縺れた状態という意味が転じて

「事情が入り組み、解決できない状態」を表す場合にも使われます。

 

サスペンスものやミステリー小説などで

「痴情のもつれによる犯行」なんて言葉を聞いたことはありませんか?

 

不倫や浮気などで三角にも四角にもなった恋愛関係がこじれ、

その後に犯罪を犯してしまうシーンに使われる言葉です。

 

複雑に絡み合った人間関係を表す時に「縺れる」を使うのは、

なんだか言い得て妙な感じがしますね笑

 

比較的よく使われる言葉なので、

しっかり覚えてスマートに読めるようになりましょう!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA