漢字読み講座

【読めないと恥ずかしい】「挙る」ってなんて読む?「あげる」と読んでしまったあなたは・・・

「挙る」

「挙手(きょしゅ)」という言葉のイメージから「あげる」と読んだ人が多いのではないでしょうか。

でも「挙げる」の送り仮名は「げる」ですよね。では何と読むのでしょう。

「挙る」読み方のヒントは?

「挙る」は残らず集める、すべてを揃えるという意味です。

類語は

「一切合切」

「全部」

「何もかも」

などが挙げられます。

「挙る」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

「こぞる」

です!

「町中の人が挙ってその花を見に来ている」

「この事件は新聞各社が挙って報道した」

のように使います。

「もろびとこぞりて」というクリスマスソングを聞いたことがあると思いますが、この「こぞりて」を漢字で書くと「挙りて」です。

「もろびと」は「諸人」なので、多くの人々が残らず集まっている様子を表しています。

のちに言葉が変化して「挙って(こぞって)」という言い回しも使われるようになりました。今ではこちらの言い方の方がよく耳にしますね。

クリスマスの時期になったらこの漢字を思い出してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ABOUT ME
村田幸音
村田幸音
犬と旅と美味しいものをこよなく愛するWEBライターです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA