睡眠

今眠れなくて困っている人はやってみよう!すぐに実践できる簡単に睡眠の質を上げるおすすめ方法5選

考え事をして眠りたいけど眠れない・・・誰もがそんな経験をしたことがあるかと思います。
この記事では、今眠れない人がすぐ実践できる眠りにつける方法をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

眠れない原因

眠れない原因眠れない

そもそもなぜ眠れなくなるのでしょうか?
ストレスや体調など、眠れない理由はさまざまな原因が入り乱れています。
まずは原因を知りましょう。

眠るぞと意気込んでしまう

「明日早く起きたい」「早く寝ないといけない」など、眠るぞと張り切ってしまうと逆に眠れなくなってしまいます。
その考えがプレッシャーになりストレスを感じて眠れなくなってしまいます。

自律神経が整っていない

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。
寝る時には副交感神経が優位になっていないと眠れません。
副交感神経が優位に立っていることでリラックス効果が高まり、眠りにつくことができます
そのため副交感神経を優位に立たせるような行動が必要になります。

即実践!眠れない時にできる安眠方法

即実践!眠れない時にできる安眠方法安眠

ここではすぐに実践できる、安眠法をご提案します。
眠くなるかならないかは個人差が大きいのですが、やってみる価値はあります。
1つずつ実践してみましょう。

布団から出てみよう

眠れないとなると、それがプレッシャーになりますます眠れなくなります。
まずは一度布団から出て、リラックス効果の高いストレッチなどを取り入れてみましょう。

GABAを摂取する

GABAにはストレスや緊張状態を軽減してくれる働きがあると言われています。
GABAのサプリメントや、チョコレートを摂取するようにしましょう。
しかしチョコレートを食べすぎると、胃がもたれて眠れなくなってしまうことになるので、食べる量は調整してください。

ラベンダーのお香を炊く

ラベンダーの香りはリラックス効果が高いとされています。
お香を焚いて、リラックスできる環境を作ることも大切です。
ラベンダーの香りが苦手てあれば、ヒノキなどの木の香りなどでも良いでしょう。

自然の音を流す

自然の音は安眠効果が高いとされています。
波の音やせせらぎの音、雨の音など心地よい音を流しましょう。

寒くする

人は深層体温が下がることで眠りにつくことができます。
よって、暑すぎたりという環境だと眠れなくなってしまいます。
夏は26℃、冬は16℃くらいの室温が快適に眠れる環境です。
また湿度も50%に保つことができるとより快適に眠ることができます。

普段から良い睡眠を心がけよう

普段から良い睡眠を心がけようベッド

規則正しい生活は睡眠の質をあげるのに効果的です。

普段から生活リズムを整えリラックスできる時間を作りましょう。

ABOUT ME
kumaori
ヨガなど”wellness”なことが好きなWEBライター。子育てをしながらwellness習慣を取り入れている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA