ダイソー

【コスパ最強&手間が省ける】ダイソーで幅わずか2cmで200円も納得!1人鍋はレンジが正解!

最近は1人前ずつ分かれた鍋スープの素が増えてきましたよね。

ただ、1人鍋をするとき困るのが使う鍋ではないでしょうか?

1人分の鍋スープというと鍋スープの素+150ccというのが多いのですが

普通の小鍋だと少し大きすぎて、具材がスープに浸かりきらないことも。

とはいえ、1人鍋専用の鍋を置いておくようなスペースもなく

結局いつも2人前作ったりしていました…

 

しかし、先日やっと1人鍋専用の鍋に出会えました!

シリコーン小鍋

ダイソーの200円商品、シリコーン小鍋。

ちょうど大きめの丼くらいのサイズのシリコン製の蓋つき鍋

1人鍋にぴったりのサイズです。

1人鍋にちょうどいいサイズ

しかも、この商品、このように折りたたむことができ

折りたためる

折り畳みさえすれば、幅はわずか2cmと激薄!

蓋つきでも幅2cm

ちょっとした隙間にも収納できちゃいます。

隙間に入る

もちろんシリコン製なので、直火やIHなどのコンロで使うことはできないのですが

そのぶんレンジ加熱でとってもお手軽に1人鍋を作ることができます。

レンジだと逆に難しそう、という方も多いと思いますし、

私自身、そう思っていたのですが、

ちょっとしたコツさえ押さえておけば失敗することなく

全行程10分ほどで完成し、火を使うよりずっと楽でした!

 

それではダイソーのシリコーン小鍋で失敗せず1人鍋を作るコツを

3つご紹介しますね。

 

①お肉は先に火を通す

火の通りが心配なお肉類はあらかじめそれだけで加熱し、

しっかり火を通します。

塩コショウと酒をふって、よくもみ込んでおけばお肉同士がくっつきにくいです。

肉から加熱

肉50g程度で加熱600w2分ほど。

加熱ムラなし

1分経ったときに一度混ぜ、もう1分混ぜると加熱ムラが起こりにくいです。

 

②水分は少な目に。

普通の鍋スープの素は1人前につき150cc水を入れることが推奨されていますが

レンジで鍋を作るときは100ccくらいで十分です。

100ccでもこれくらいぎりぎり

水を少なくすることで噴き出す心配がなくなり、安心して調理できます。

お肉の加熱のときの酒の分、水分が増えていますし

コンロで煮る場合と違ってレンジだと加熱時間が短いので

蒸発する水分も少なくなります。

味が濃ければあとからお湯を足すこともできるので、最初は少な目がおすすめです。

 

③下から持ち上げるように混ぜて加熱ムラをなくす

途中でかき混ぜれば加熱ムラなし

お肉を加熱したあと、水や他の具材を入れて計3、4分加熱するのですが

2分経ったところで一度スプーンで混ぜると加熱ムラを減らせます。

その際、しっかりスプーンを底まで差し込み、

具材を数回持ち上げるようにして混ぜる

温度が均一になりやすく、やわらかい具材も崩さずに済みますよ。

 

今回はスンドゥブチゲを作ってみました。

レンジでスンドゥブ

最後に卵黄や葱をそえると華やかで、レンジで作ったとは思えない仕上がり。

味も普通の鍋で作ったものとほとんど変わらず

10分足らずで作ったとは思えない出来でした。

 

簡単にレンジで1人鍋ができて、

使わないときはわずか2cmにしまえるダイソー鍋。

200円商品ではありますが、このクオリティで220円は大満足でした!

 

人気商品で売り切れも目立つので

欲しい方は早めに探してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA