未分類

なぜルームランプが良質な睡眠のために効果的なのか?ルームランプを1年使ってみた私がレビュー

「なんか寝つきが悪い」

「寝起きですでにだるい」

「ぐっすり眠れた気がしない」

この記事では、こんな悩みのある人におすすめのアイテム、ルームランプをご紹介します。

Homecubeのルームランプ

寝る前にスマホやパソコンのブルーライトを見るのはよくない、という話はよく聞きます。

また、明るすぎる照明の光も、睡眠には悪影響。

そこで活躍するのが、ルームランプです。

私は寝る1時間前にはパソコンもスマホも使うのをやめて、部屋の電気も消します。

そして、ルームランプだけをつけて、少し読書をして、いい感じに眠くなったらそのまま眠ります。

この生活をするようになってから、寝つきが良くなったのはもちろん、身体のだるさや日中の眠気がだいぶ良くなりました

寝る前の時間の過ごし方は、重要ですね。

ルームランプは、使い方も簡単。

底面の電源ボタンをオン。

右側の丸いボタンが電源

ランプ上部中央、銀色のところはタッチセンサーになっており、ここに触れると明かりがつきます。

触るだけで明かりがつく

明るさは3段階に調節可能です。

一番明るさの低いライトはこんな感じ。

一番明るさの低いライト

写真だと分かりづらいのですが、実際にはもう少しオレンジっぽい暖色系の光です。

この明るさでも、6畳の部屋でどこに何があるかは十分に見えます。

一番明るいライトはこちら。

一番明るいライト

写真で見ると光で白く飛んでいて、かなり明るい印象がありますが、実際はもっと落ち着いています。

寝ながら本を読むにはこの明るさがちょうどよく、私は一番明るい状態にして使うことが多いです。

ちなみに、色を変えたりグラデーションモードにすることも可能

グラデーションモードも搭載

電源は充電式なので、コンセントの位置を気にせず使えます

充電ケーブルの端子は、microUSB。

microUSBタイプで充電可能

うっかり充電が切れてしまった時も、充電ケーブルにつなげながら使っています。

電源のオンオフは、サイドにあるランプで確認できます。

電源状態を表すライト

青く光っているのは、電源がオンのサインです。

何かの拍子でタッチセンサーに触れてしまってランプがつかないよう、寝る時は電源からオフにしています。

たまにうっかり寝落ちして、つけっぱなしにしてしまうことはありますが。

大きさは直径10cm、高さ6cm。

片手で簡単に持ち運びできて、枕元に置いても邪魔にならないサイズです。

寝る前の時間、ルームランプを使って心と身体を落ち着けることで、ぜひ良質な睡眠を手に入れましょう。

ABOUT ME
山崎 ゆうき
山崎 ゆうき
フリーランスのWebライター。 肩こり腰痛からの解放、安らかな眠りのため、日々試行錯誤しています。 もうぎっくり腰にはなりたくない…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA