漢字読み講座

「喧しい」ってなんて読む?「けんしい」と読んでしまったあなたは…

「喧」という漢字は「喧嘩(けんか)」「喧噪(けんそう)」というように、「けん」という音読みがあります。

しかし、実はこの漢字には「喧しい」と書いて訓読みをさせることがあるのを知っていますか。

主には古文で用いられますが、たまにおじいちゃんおばあちゃんが使ったりする言葉です。

1.「喧しい」読み方のヒントは?

ヒントは、「喧」という漢字は「ピーチクパーチク、うるさい!」という意味を表していることです。

大勢の人が集まってしゃべっている時のうるささをイメージしてください。

2.「喧しい」の読み方、正解は…

正解は、

「かまびすしい」

です!

実際に大きな音がうるさいという場面で使われることが主流です。

しかし、「結婚しないと世間がうるさいから」というような場面での「うるさい」にも使われることがあります。

古い小説などにはよく出てくる漢字です。

1つの教養として覚えておくといいですね!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA