漢字読み講座

「睇る」の読み方がわかりますか?「ている」ではありませんよ…

「睇る」の読み方をごぞんじでしょうか?

「弟」という字が使われているので「ている」と読んだ方もいるかも知れませんが、間違いです。

滅多に見かけることのない珍しい漢字ですが、ひらがなに直すとよく聞く言葉ですよ。

さて、あなたには読むことができますか?

「睇る」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇る」の5文字
  2. これをすると怒られるかも…
  3. 「睇」の一文字だと「よこめ」と読みます

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「睇る」の読み方!正解は…!?

正解は「ぬすみみる」です!

難読漢字あるあるかもしれませんが、たった一つの漢字なのに、長い言葉ですね。

ヒントで紹介したように「睇」の一文字だと「よこめ」や「ながしめ」と読みます。

確かに、ぬすみ見をする時は大抵、横目や流し目になりますね。

送り仮名を変えて「睇つ」と書くと「めかりうつ」と読み、こちらも流し目を送ったり、ちらりと見るといった意味です。

ちなみに「睇」は漢字検定1級の超難読漢字。

読めた方はすばらしい漢字マスターですね!

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA