漢字読み講座

「適う」の読み方は?「てきう」と読んでは恥ずかしいですよ…

「適う」の読み方をご存じでしょうか?

「適当(てきとう)」の「適」ですが「てきう」と読んでしまうと、ちょっと恥ずかしいかも。

「適」という字は小学校で習う、ごくありふれた漢字です。

しかし「適う」が読める方は少ないかも知れません。

さて、あなたには読むことができますか?

「適う」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇う」の3文字です
  2. 「適している」「当てはまる」という意味
  3. 「それは理屈に適っていますね」のように使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「適う」の読み方!正解は!?

正解は「かなう」です。

意味は、ヒントで書いたように、適している、当てはまる、適合するなど。

使い方としては「道理に適う」「お眼鏡に適う」などがあります。

「かなう」という言葉には「叶う」や「敵う」もありますが、それぞれ少しずつ意味が違います。

  • 叶う:願いが実現すること「夢が叶う」「叶わぬ恋」
  • 敵う:匹敵する、力が互角だという意味で、打消しの言葉を後に続けて使う「彼には到底敵わない」「子供の理屈には敵わない」

読み方が同じな上に意味も似ているため、注意が必要です。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA