漢字読み講座

「訝しい」は何て読む?「いかがわしい」じゃありません!

「いかがわしい」?「あやしい」?「けわしい」?「うたがわしい」?

残念ながらどれも違うんです。

読み方が難しいため、普段はひらがなで表記されていることも多い文字です。

なので、聞けば「あぁ、そうか!」と思うはずですよ。

それではさっそく、考えていきましょう!

「訝しい」の読み方のヒントは・・・?

「訝しい」の読み方のヒントは、

  1. 読み方をひらがなで書くと、「〇〇〇しい」の3文字です。
  2. 物事がはっきりしなくて気がかりな様子」を表す漢字です。
  3. 古文では「いふかしい」と読まれていました。

③は大ヒント!もう分かりましたよね。

「訝しい」の読み方の答えは・・・

答えは、「いぶかしい」でした!

古文では「いふかしい」と読まれていたのが、現代では濁って「いぶかしい」と読まれるようになりました。

さて、「訝しい(いぶかしい)」の意味ですが、「疑わしい」「怪しい」と同じような意味だと思っていませんか?

でも、実は違うんです。

「疑わしい」「怪しい」が、「物事がはっきりしなくて恐怖や不安、疑いをもつ」ことを表すのに対して、「訝しい」は「物事がはっきりしなくて興味がわく、好奇心を持つ」ことを意味しているんです。

これは意外ですよね!

ところが現代では、「疑わしい」や「怪しい」と同じ意味で使われることが多くなっています

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA