漢字読み講座

「疎ら」の読み方は「そら」は間違いなので要注意!中学生までに習う常用漢字ですよ

「疎ら」の読み方をご存知ですか?

「過疎地(かそち)」の「疎(そ)」「疎遠(そえん)」の「疎(そ)」だから「そら」って読むのでは?

そう考えたあなたは、残念!違います。

難読漢字ではなく中学校までに習う常用漢字にも関わらず、読み方は忘れている人が多い「疎ら」。

読めそうで読めなくてくやしい…だからこそ、読めたらスッキリしますよ!

さっそく見ていきましょう。

「疎ら」の読み方のヒントは・・・?

  1. ひらがなで書くと「〇〇ら」の2文字
  2. 人や物がある一定の範囲内に極端に少ない様子を表す漢字です
  3. 「人通りが疎らな住宅街」「木が疎らに生える草原」などと使います

人がポツポツとしかいない住宅街、木がポツポツと生えた草原をイメージしてみると・・・

さあ、3つのヒントで分かりましたか?

「疎ら」の読み方の答えは・・・

「疎ら」の読み方の答えは、「まばら」です!

「人や物が少なく点在する」という意味だけでなく、「順序だっていない」様子も表す言葉です。

「ちらほら」「ぱらぱら」などの言葉で表現することもできますが、「疎ら」と言った方が断然知的ですよね!

漢字の「疎ら」を読み書きできたら、さらにすごい!

ぜひ覚えて使いましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA