漢字読み講座

「鞠べる」この漢字、「まりべる」とは読みません。

難読漢字クイズです。

今回の問題は「鞠べる」!

「蹴鞠(けまり)」の「鞠」ですが、「まりべる」とは読みません。

「鞠べる」の読み方のヒントは?

1.「鞠べる」は、送り仮名を含めて6文字の言葉になります。

2.容疑を詳しく調べて、真実を追求することです。

3.昭和のドラマなら、カツ丼が出てくるのかもしれません。

正解は…

正解は「とりしらべる」でした!

「取り調べる」と書くのが一般的ですね。

「鞠べる」と同じ意味で、「鞠訊(きくじん)」「鞠問(きくもん)」という言葉があります。

しっかり「鞠べて」から、罪を決定することを「鞠断(きくだん)」といいます。

「鞠」の読み方と意味

「鞠」の音読みは「キク」です。

訓読みは「鞠べる(とりしらべる)」の他に、「鞠(まり)」・「鞠う(やしなう)」・「鞠む(かがむ)」があります。

「鞠(まり)」は基本的に「毬(まり)」と同義で遊戯に使う球を指します。

「鞠う(やしなう)」を意味する言葉には、幼子を表す「鞠子(きくし)」、養育を表す「鞠育(きくいく)」などがあります。

「鞠む(かがむ)」を意味するのは、「鞠躬(きっきゅう・きくきゅう)」です。身をかがめる、慎む、かしこまる、一生懸命つとめに励むことを表します。

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA