漢字読み講座

「鄭重」歴史小説に出てきそうなこの漢字、あなたは読めますか?

難読漢字クイズに挑戦です!

今回の問題は「鄭重」。

1文字目が見慣れない漢字ですね。

よく見かける2文字目も、実は曲者(くせもの)です。「じゅう」とは読みません。

「鄭重」の読み方のヒントは?

1.「鄭重」の読みは、ひらがな4文字です!

2.「これはこれは、御鄭重にありがとうございます」

3.「いつもお世話になっているので、くれぐれも鄭重にもてなすように!」

正解は…

正解は「ていちょう」でした!

「ていちょう」は、心を込めて礼儀正しく手厚く扱うことです。または、注意深く何度も繰り返す入念な様子も表します。

一般的には「丁重」と書きますね。「鄭重」と書く場合は、「ていじゅう」と読んでも正解です。

「ていちょう」と「ていねい」の違い

「鄭重(ていちょう)」と似た言葉に「丁寧(ていねい)」があります。

ほぼ同義語ですが、両者の意味合いは微妙にニュアンスが違うようです。

鄭重の例:「(相手の気持ちや都合を十分に考慮して)鄭重にお断りする」
丁寧の例:「(失礼のない言葉遣いで十分な説明を心がけて)丁寧にお断りする」

つまり、「鄭重」は相手を意識した言い回しで、「丁寧」は自分を意識した言い回しになるんですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA