漢字読み講座

「宿酔」ってなんて読む?(しゅくすい)とも読みますが……

「宿酔」は(しゅくすい)とも読みますが、

 

もっと「宿酔」の状態が分かる読み方があります。

 

20歳を過ぎた大人なら、経験したことのある人もいるのではないでしょうか。

 

さあ、一体何と読むか分かりますか?

 

「宿酔」の読み方のヒントは?

お酒を飲み過ぎるとこの状態になってしまう人もいます。

 

頭痛や吐き気、体のほてり、のどの渇きなどの症状が出たあと、

次の日まで残ります。

 

ひどすぎると人に迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

もう、分かりましたか?

 

「宿酔」の読み方、正解は……

正解は……

 

「ふつかよい」

 

です!

 

「宿酔」(ふつかよい)はアルコールを代謝する過程で出る「アセトアルデヒド」という有害物質が血液中に残留していることが原因で引き起こされる症状です。

 

「宿酔」(ふつかよい)を予防するためには、

お酒を飲む前にウコンやタウリンなどの肝機能を高める栄養ドリンク剤などを飲んでおき、

適度に水分補給をしてください。肝臓の代謝を助けます。

 

自分にとって適切な量を知り、お酒の量を加減するとよいでしょう。

適度にお酒をたしなむ、素敵な大人でありたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
yama-sa
佐賀県在住の佐賀をこよなく愛するライターです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA