漢字読み講座

「吝か」「熱る」「開ける」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「吝か」「熱る」「開ける」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「吝か」

「吝か」の読み方をご存じでしょうか?

何となく雰囲気から「いささか」と読んでしまった方もいらっしゃるかも知れませんが、それは間違いです。

「いささか」は「些か」と書きますね。

「吝か」も、日常的によく耳にする言葉なのですが…

さて、あなたには読むことができるでしょうか?

「吝か」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇か」の4文字
  2. 意味は、ケチケチしたり、物惜しみすること
  3. 「吝かではない」や「吝かではありません」と、否定形で用います

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「吝か」の読み方!正解は!?

正解は「やぶさか」です。

意味は、ヒントに示したように「物惜しみすること」

使用例としては「参加することは、やぶさかではありません」「協力もやぶさかではない」などがあります。

一般に否定形で使われるため「喜んで参加します」「積極的に協力しましょう」といった意味になりますね。

「やぶさかではない」を「仕方ない」という意味と勘違いされている方も多いようですが、全く逆の「喜んでする」という意味なので注意しましょう。

2問目はこの漢字!「熱る」

「熱る」の読み方をご存じでしょうか?

「あつる」「ねつる」は、当然ですが、どちらも間違いです。

「熱」は小学校4年生で習う漢字なのに、意外と難しいですね。

さて、あなたには読むことができますか?

「熱る」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇る」の3文字です。
  2. 熱を帯びて熱くなることや、熱くなったように感じること。
  3. 「恥ずかしさに頬が熱る」などと使います。

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「熱る」の読み方!正解は!?

正解は「ほてる」です。

一般には「火照る(ほてる)」と書くことが多いため、わからない方が多かったかも知れません。

「ほてる」とは、顔や体などが熱くなったり、恥ずかしくて頬が赤く染まったりする状態をいいます。

恥ずかしさがさらに増すと「顔から火が出る」という表現もありますね。

「熱」とは、熱さやエネルギーを表す漢字です。

また、熱を使った言葉には「熱(ほとおり)」「熱(ほとぼり)」「熱(ほ)めく」「熱(ほ)めき」など、数多くあります。

最後はこの漢字!「開ける」

「開ける」の読み方をご存じでしょうか?

今回は「ひらける」「あける」以外の読み方で答えてくださいね。

「え、それ以外に読み方があるの?」と驚く方もいらっしゃるかも。

そうです、他にも読み方があるんですよ。

さて、あなたにはわかりますか?

「開ける」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇ける」の4文字です
  2. 「衣類が乱れて開く」や「衣類の前を解禁する」という意味があります
  3. 「シャツの胸を開ける」のように使います

以上の3つのヒントから、考えてみてくださいね。

「開ける」の読み方!正解は!?

正解は「はだける」です。

「はだける」を使うのは、シャツのボタンをはずして前を広げたり、着物の裾が乱れてしまった場合などです。

また、足や手を大きく広げたり、口や目などを大きく開けることを「はだける」と表現する場合も。

一方の「あける」という読み方は「ドアをあける」「蓋をあける」という時に使います。

また、「ひらける」という読み方は「道がひらける」「未来がひらける」という使い方をしますね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA