漢字読み講座

「扁桃」「豆娘」「舌鼓」さて、これら3つの漢字は何と読みますか?

今回は「扁桃」「豆娘」「舌鼓」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「扁桃」

「扁桃」の読み方はわかりますか?

「へんとう」とも読めますが、今回はもう一つの読み方を答えてくださいね。

実は意外な読み方があるのです…

「扁桃」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み仮名はカタカナです
  2. チョコレートの中に入っていることがあります
  3. 最近では、ダイエット効果が注目されていますよ

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「扁桃」の読み方!正解は!?

正解は「アーモンド」です!

なぜ「扁桃」と書いて「アーモンド」と読むかというと、花や実の形が桃に似ていて、平べったいからです。

さらに、「扁桃」を「へんとう」とも読みますが、「へんとう」とはアーモンドの別名で、一般的には「アーモンド」と読む場合が多いようですね。

ちなみに、喉の奥の両側にある「扁桃腺(へんとうせん)」は、形がアーモンドに似ていることから、へんとうせんと呼ばれるようになったそうです。

ここ最近、アーモンドのダイエット効果が注目されていますね。

食物繊維が豊富なため、腸内環境を整えてポッコリお腹を解消してくれるらしいですよ。

ただし、カロリーは高めなので1日20~25粒程度が良いそうです。

それでは物足りなくて、食べ過ぎてしまいそうですが…

2問目はこの漢字!「豆娘」

「豆娘」の読み方をご存知ですか?

「まめむすめ」と読んだあなたはとても素直な方ですが、残念ながら不正解です。

豆も娘も小学校で習う漢字なのに、読み方はかなりの難問だといえますね。

さて、何と読むでしょうか…?

「豆娘」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の字数は「〇〇〇〇〇」の5文字
  2. 一般的には「糸●●」の3文字熟語で書かれることが多いです
  3. 秋頃に姿を見せる超スリムな昆虫といえば…?

以上の3つのヒントで考えてみてくださいね。

「豆娘」の読み方!正解は!?

正解は「いととんぼ」です!

一般的には「糸蜻蛉(いととんぼ)」の3文字熟語で書かれることが多いですね。

「糸蜻蛉」と書いても、難読には違いありませんが…

 

なぜ「豆娘」と書いて「いととんぼ」と読むのか、その由来ははっきりとはわからないようです。

しかし、中国語では「オヤビッチャ」というカラフルな魚を「條紋豆娘魚」と書くことから推測すると「可愛い」という意味が込められているのでは?とも、考えられています。

 

都会に住んでいるとなかなか出会えない「いととんぼ」ですが、水田や沼地近くによく飛んでいますよ。

自然豊かな所へ行った際には、可愛い「いととんぼ」をぜひ探してみてくださいね。

最後はこの漢字!「舌鼓」

「舌鼓」は何と読むかご存知でしょうか?

「したづつみ」と読むのを時々耳にしますが、そちらは慣用読みです。

では、本来の読み方は?

「舌鼓」の読み方のヒントはこちら

  1. 「贅を尽くした料理に舌鼓を打つ」のように使います
  2. 「鼓」は和楽器の一種
  3. 似た言葉に「腹鼓」があります

以上の3つのヒントで考えてみてください。

「舌鼓」の読み方!正解は!?

正解は「したつづみ」です!

能や歌舞伎などに使われる日本の打楽器に「鼓(つづみ)」があります。

料理が美味しくて思わず舌を鳴らす様子を鼓の音にたとえて「舌鼓(したつづみ)」と表現した言葉ですね。

ですので「したづつみ」と読むのは、本来の読み方ではありません。

 

似たような言葉に「腹鼓(はらつづみ)」があります。

満腹になってお腹をポンポンと叩く様子を「腹鼓(はらつづみ)」と表現したものです。

「はらつづみ」も「はらづつみ」と読む人が多いようですね。

 

ちなみに、現在では「つづみ」を「づつみ」に間違える人が余りにも多いため、「したづつみ」や「はらづつみ」も慣用読みとして認められています。

ただし、本来の読み方は「舌鼓(つづみ)」なので、ぜひ正しい読み方で覚えておいてくださいね!

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA