漢字読み講座

【超難読漢字にチャレンジ!!「虎の子」がポイントです!】「御虎子」という漢字、あなたは読めますか?

いきなり大ヒント!

これは「虎」ではありません。

 

「虎子」といえば、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」という諺がありますが、この意味は「リスクを覚悟しないと大きな成果は得られない」といったような意味があります。

 

ということは、「虎子」は「成果」のこと?と思ってしまいそうですが、これも残念ながら違います・・・。

 

ここは素直にヒントを見た方がいいですね!

 

「御虎子」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇」の3文字です。

ヒント② 昔の幼児はこれがないとトイレができません。

ヒント③ 水洗トイレが主流の日本では見かけなくなりました。

 

「御虎子」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「おまる」です!

 

・・・まったく「虎の子」と関係ありませんでしたねwww

 

「御虎子」とは、いわゆる子ども用のトイレのことです。

 

現代の日本では水洗トイレが主流ですのでご存じない方も多いと思いますが、昔はアヒルの形をした「子ども用のトイレ」が普通に床などに置かれていました。

 

プラスチック製のものが多く、中はそのまま容器のようになっているので、用を足した後はお母さんがトイレに捨てに行く・・・、というかなり手間のかかる道具でした。

 

会社でふんぞり返ってるあの上司も、昔は「御虎子」を使っていたかも!?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA