漢字読み講座

「勒氏皇帯魚」この漢字読めますか? かなりの難易度です!

難読漢字クイズです。

本日の問題は「勒氏皇帯魚」!

なんだか字面がカッコいいですね。

あなたは何と読みますか?

「勒氏皇帯魚」の読み方のヒントは?

1.実際に見たことがなくても、知識として知っている人は多いはず。

2.『あつまれどうぶつの森』では、レア度★★★★☆の珍しい魚です。

3.普通は体長3m以上あり、中には10mを超える個体もいるそうです!

正解は…

正解は、「リュウグウノツカイ」でした!

銀色の体に紅色のたてがみのような背ビレが美しい神秘的な深海魚です。

「勒氏皇帯魚」は主に中国、台湾で使われる漢字で、「鶏冠刀魚」「皇帝魚」などとも書きます。

日本では「竜宮の使い」「龍宮之遣」などと呼ばれますが、いずれも由来は不明。

おそらく浦島太郎伝説からきているのでしょう。

また、昔は富山県では「おいらん」、新潟県では「シラタキ」とも呼ばれていました。

日本の人魚伝説

人魚といえばジュゴンやマナティが有名ですが、それは欧米の話。

日本の人魚伝説は「勒氏皇帯魚(リュウグウノツカイ)」という説が有力です。

なぜなら、さまざまな文献で「人魚は赤い髪だった」という目撃談が共通しているから!

リュウグウノツカイには赤い背ビレがありますが、ジュゴンやマナティにはありません。

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA