漢字読み講座

「雲孫」この漢字、この言葉、一体どんな意味?

今日も難読漢字クイズにチャレンジ!

「雲孫」この言葉、初めて見る人が多いのでは?

ヒントを確認してみましょう。

「雲孫」の読み方のヒントは?

1.もし「雲孫」に出会えたら、人生思い残すことはないでしょう。

2.「雲孫」をひらがなにすると4文字です。

3.「つるのこ」とも呼ばれます。

正解は…

正解は「うんそん」でした!

ひねらず、素直に読めばよかったのですね…

ただ、問題は「雲孫」の意味です。

「雲孫」の意味は、「雲のように遠く隔たっている子孫」!

具体的には、自分をゼロとして8代目にあたる子孫が「雲孫」です。

「子」から「雲孫」まで

一代目を「子」、二代目を「孫」とします。

三代目の「ひ孫」は、「曽孫/曾孫(そうそん)」といいます。

四代目の「やしゃ子」は、「玄孫(げんそん)」です。

五代目が「来孫(らいそん)」・六代目が「昆孫(こんそん)」、七代目が「仍孫(じょうそん)」。

そして八代目が「雲孫」です!

「雲孫」の定義

「雲孫」は、実子か養子かは問われません。

法律用語では「8親等の直系血族」と呼ばれます。

ただし、民法上の親族は「6親等内の血族」なので「雲孫」は親族にあたりません。

ただし、「直系血族」に変わりないため、「雲孫」と婚姻することはできません。

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA