漢字読み講座

「蜻蛉」ってなんて読む? (かげろう)よりももっと有名な昆虫の読み方があります。

「蜻蛉」と書いて、(かげろう)と読みます。

ですが、もうひとつもっとメジャーな昆虫も同じ読み方をします。

どれくらい有名な昆虫かというと、全世界に約5,000種類、日本だけでも200種類も居ます!

虫が苦手という人でも、きっと捕まえようとしたことがあると思います。

ちなみに蝶ではありません。

さて、「蜻蛉」と書いてなんと読むでしょうか?

「蜻蛉」読み方のもうひとつのヒントは?

かげろうは幼虫期間が一年、そして成虫になると数時間から数日しか生きられません。

なぜなら、成虫になったら食べることができないからです。

しかし、「蜻蛉」は幼虫期間一年から三年、そして成虫の期間は約二カ月です。

「蜻蛉」はもちろんエサを食べます。強い「蜻蛉」が弱い「蜻蛉」を共食いしているのも見かけることがあります。

最強の「蜻蛉」とか男子の憧れですね。

なぜどちらも同じ「蜻蛉」と書くのかは諸説あり、はっきりとしていません。

「蜻蛉」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です。

オニヤンマとかギンヤンマとか勇ましすぎて、ちょっと怖いです。

さあ、もうわかりましたか?

「蜻蛉」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「とんぼ」

です!

 

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA