漢字読み講座

【読めそうで読めない】「篦棒」って何て読む?「こんぼう」と読み間違いがち!

「篦棒

これ、何と読むかわかりますか?

 

「こんぼう」と読んでしまいがちですが、不正解です!

 

さあ、あなたは何と読みましたか?

 

「篦棒」読み方のヒント!

 

「篦棒」は、時代劇などでよく聞く言葉です。

 

もちろん、現代でも使われる言葉ではあるのですが、

この言葉自体は、とあるフレーズで覚えている方が多いかも?

 

大ヒント!そのフレーズとは…

「てやんでえ!〇〇〇〇め!」

 

さて、あなたは正しく読めるでしょうか?

 

「篦棒」の読み方、正解は…

気になる正解は…

 

 

 

 

「べらぼう

です!

 

「篦棒」は、

「程度がひどいことやその様子」や「普通では考えられないほどばかばかしいこと」

を表した言葉です。

 

「今年の夏は、篦棒に暑い」

「日照りで野菜が篦棒に高い」

などで使われます。

 

また、ばかばかしいという意味から転じて、

純粋に罵りの言葉としても使われるようになりました。

 

「てやんでえ!べらぼうめ!」という言葉も、

「何言ってんだ!ばかやろうが!」のようなニュアンスの意味の江戸弁です。

 

ちなみに時代劇では「あたぼうよ!」なんて言葉を聞きます。

これは「あたりめえだ、べらぼうめ!」の略なんです!

合わせて覚えておくといいですよ。

 

難しい漢字ですが、覚えてしまえば簡単な「篦棒」。

ぜひこれを機に覚えてみてくださいね!

 

ABOUT ME
toi
コーヒーと文房具とディズニーをこよなく愛するライター。 漢字検定2級を取得しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA