漢字読み講座

「車厘」は「しゃこ」でも「しゃり」でもありません!お中元によく贈られる美味しいアレです!

お中元といえば、美味しいものが嬉しいですよね。

高級そうめん?

大きな塊のハム?

でも、「車厘」も子供からお年寄りまで食べられるから定番人気です。

・・・「車厘」は「しゃこ」でも「しゃり」でもない、食べ物を表す言葉なんです!

何と読むのか?

さっそく見ていきましょう!

「車厘」の読み方のヒントは・・・?

漢字で書くと「車厘」ですが、実はカタカナで書くスイーツです。

プルプルしているのが特徴で、美味しいフルーツの味の「車厘」がたくさん売られていますよ。

もう、分かりましたよね?

「車厘」の読み方の答えは・・・

正解は、「ゼリー」でした!

ゼリーの歴史は古く、ローマ時代にまでさかのぼります。

お菓子の世界でゼリーが用いられるようになったのは、18世紀末から19世紀初頭になってから。

日本に入ってきたのは明治時代で、その際に当て字としてつけられたのが「車厘」だというわけです。

「車厘」をそのまま読むと「シャ・リン」ですが、何とか「ゼリー」の響きに近い漢字を探したのでしょうね。

現在では「ゼリー」の表記はカタカナしか考えられませんが、日本に広まった当時は漢字があったなんて面白いですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA