漢字読み講座

「脚気」「定石」「頭陀袋」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「脚気」「定石」「頭陀袋」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「脚気」

「脚気」の読み方をご存じでしょうか?

もちろん「あしき」と読むのは間違いですよ。

おそらく耳にしたことのある言葉だと思うのですが…

さて、あなたには正しい読み方がわかりますか?

「脚気」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字
  2. ビタミンB1が不足すると…
  3. 病院で膝下をコンと叩いてチェックされることも

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「脚気」の読み方!正解は!?

正解は「かっけ」です。

脚気はビタミンB1の不足が原因の病気で、倦怠感や足のむくみ、動機といった症状があります。

また、アルコールを摂取すると大量のビタミンB1が失われるため、アルコール依存症の人にも多い病気です。

ヒントで紹介した検査方法は、ひざの下をゴムのついた器具でポンと叩いたときに、足が自然に跳ね上がるかどうかチェックする方法。

軽く跳ね上がるようなら正常ですが、跳ね上がらない場合は脚気の疑いがあるとされています。

ビタミンBは豚肉や玄米、枝豆などに豊富に含まれていますよ。

アルコールは適度にとどめて、バランスの良い食事を心がけましょう。

2問目はこの漢字!「定石」

「定石」の読み方をご存じでしょうか?

そのまま素直に「ていせき」と読んでしまうと、ちょっと恥ずかしいかも知れません。

それでは何と読むのか…

あなたには正しい読み方がわかりますか?

「定石」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇〇」の5文字
  2. 昔から決まっている最善の方法のこと
  3. 「定石通りに事を運べばうまくいくよ」などと使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「定石」の読み方!正解は!?

正解は「じょうせき」です!

意味はヒントでも紹介した通り「昔から決まっている最善の方法や定番のやり方」

ビジネスなどでよく使われますが、そもそもは囲碁用語から生まれた言葉です。

囲碁の世界では「双方に最善の打ち方」という意味で、昔から培われてきた手法ということ。

双方が定石に従って打ち進めば、互角になるというわけですね。

定石という言葉は囲碁から始まって、オセロや将棋などでも使われるようになり、その後一般的にも用いられるようになりました。

最後はこの漢字!「頭陀袋」

「頭陀袋」の読み方をご存じでしょうか?

「とうじゃぶくろ」と読むのはもちろん間違いです。

それでは何と読むのか…

あなたには正しい読み方がわかりますか?

「頭陀袋」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇〇」の5文字
  2. 色々なものを放り込める大きな袋
  3. そもそもは僧侶の持つ袋のことです

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「頭陀袋」の読み方!正解は!?

正解は「ずだぶくろ」です!

ヒントで紹介したように、「頭陀袋(ずだぶくろ)」とはそもそもは修行僧が首にかけて持つ袋のことで、中には経文や食器などを入れています。

「頭陀」とは梵語で修行を意味する言葉なので、修行に使う袋の事を「頭陀袋(ずだぶくろ)」と呼んだのですね。

また、葬儀の際に死者の首から提げる袋も「ずだぶくろ」と呼ばれるようになりました。

それが転じて、現代ではいろいろなものが入る大きな袋を「ずだぶくろ」または「ずたぶくろ」と呼んだりします。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA