漢字読み講座

「魚へん」の漢字は多くありますが「鰾」は読めますか?魚の種類を思い浮かべても無駄ですよ!

魚+里=鯉(こい)。

魚+圭=鮭(さけ)。

魚+弱=鰯(いわし)・・・。

「魚へん」の漢字はたくさんありますよね。

何と読むのかクイズとしてもよく出題されています。

それでは「鰾」は何と読むのでしょうか?

ただし、いろいろな魚の名前を思い出しても無駄なんです・・・

何と読むのか、さっそく見ていきましょう!

「鰾」の読み方のヒントは・・・?

「鰾」は、魚の名前ではありません。

ただし、そこはやっぱり「魚へん」だけあって魚に関係する漢字です。

魚の「臓器」を表す漢字なんですよ!

「鰭(ひれ)」や「鰓(えら)」など魚の体の部位ではなくて、体の中の「臓器」・・・

魚が水中で自由に遊泳できるために重要な臓器なんです。

読み方はひらがなで「う〇〇〇ろ」の5文字ですよ!

考えてみてください。

「鰾」の読み方の答えは・・・

正解は、「うきぶくろ」でした!

「浮き袋」って書くんじゃないの?と思われた方もいるでしょう。

海水浴で使う浮き輪や船に装備する救命具などを「浮き袋」と言いますが、魚の臓器に限って「鰾」という漢字が使われます。

気体をためる袋状の「鰾(うきぶくろ)」ですが、実はついていない魚もいるんです!

サメやエイなどの軟骨魚類には鰾(うきぶくろ)がなく、肥大した肝臓に脂を蓄えることで鰾(うきぶくろ)の代わりにしているんですよ。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA