漢字読み講座

「佞武多」この漢字、お住まいの地域によっては簡単に読めるはず!

今回の難読漢字クイズは「佞武多」です。

あるエリアに住んでいる人なら、簡単にわかるはず!

さて、あなたは何と読みますか?

「佞武多」の読み方のヒントは?

1.らっせらー!やーやどー!やってまれー!

2.「佞武多」の「武」は「ぷ」とも「ぶ」とも読みます。

3.『蚤の乗る船の事は、正月の宝船の古い形式・奥州の佞武多など』折口信夫「とこよ」と「まれびと」と より引用

正解は…

正解は「ねぶた」または「ねぷた」でした!

どちらの読み方も正しいです。

発音の違いは地域ごとの訛り、漢字は当て字です。

青森県の有名なお祭りですね!

青森市は「ねぶた」、掛け声はらっせらー!

弘前は「ねぷた」、掛け声はやーやーどー!

五所川原市は「立佞武多(たちねぷた)」、掛け声はやってまれー!

「佞武多」の語源

「佞武多(ねぶた・ねぷた)」の語源には複数の説があります。

そのうち有力なのが柳田国男「眠流(ネブリナガシ)考」を基にした説。

「眠り流し」とは、眠たいこと、つまり睡魔を追い払う行事です。

暑い夏のだるさを払う意味で行われたのだそう。

具体的な「眠り流し」の行事は…

  • 水浴びをする
  • 形代(かたしろ)を灯篭や笹竹に乗せて川や海に流す
  • 合歓木(ねむの木)を川や海に流す
  • 髪や硯(すずり)を洗う

予約が大変そうですが、一度は見てみたいお祭りです!

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA