漢字読み講座

「厭世」「御刑」「磔刑」これら3つの漢字の読み方がわかりますか?

今回は「厭世」「御刑」「磔刑」です。

見たことはあるのに、なかなか読めないこれらの漢字。

あなたは全部読めますか?

1問目はこの漢字から!「厭世」

「厭世」の読み方をご存じでしょうか?

「厭気(いやけ)」や「厭味(いやみ)」という読み方がありますが、「いやよ」と読むのはもちろん間違いです。

では一体なんと読めばよいのか…

あなたには正しい読み方がわかりますか?

「厭世」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字
  2. 「世の中がいやになる」という意味です
  3. 最近の歌謡曲は厭世的な曲が多いね

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「厭世」の読み方!正解は!?

正解は「えんせい」です!

厭世とは「世の中や人生をいやなもの、無価値なものだと思う」ことをいいます。

厭世という言葉は、「厭世観」「厭世主義」「厭世的」「厭世家」などのように、接尾辞を伴って使う場合が多いでしょう。

以下は「厭世」を使った例文になります。

  • 不景気が続き、厭世観を持つ人が増えている
  • 厭世家の彼は何を言われても納得しないだろうね
  • 時代背景を反映した、厭世的な絵画が増えていた

類語としては「悲観」「絶望」「失望」「嫌悪」などがあり、対義語は「楽観」です。

2問目はこの漢字!「御刑」

「御刑」の読み方をご存じでしょうか?

素直に読むと「おんけい」ですが、もちろん間違いです。

だれでも知っている簡単な漢字ですが、なかなか読みにくいですね。

でも実は、日常的に耳にする言葉です。

さて、あなたには正しい読み方がわかりますか?

「御刑」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  2. 「こらしめ」「罰」といった意味を持ちます
  3. 「御刑として押し入れに閉じ込められた」のように使います

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「御刑」の読み方!正解は!?

正解は「おしおき」です!

通常は「お仕置き」と書く場合がほとんどでしょう。

現代では「おしおき」というと子供のイタズラに罰を与えるようなイメージですが、江戸時代には「処罰」や「死刑」を表す意味として使われていました。

今でも刑罰のことを「仕置き」と表現することはありますが、「お」がついて「おしおき」になると、主に子供に対する罰という意味で使われます。

最後はこの漢字!「磔刑」

「磔刑」の読み方をご存じでしょうか?

「磔」は「さく」と読むこともできますが「さくけい」ではありません。

刑罰の名前のようですが…

さて、あなたには正しい読み方がわかりますか?

「磔刑」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇〇」の4文字です
  2. はりつけの刑のこと
  3. 彼はついに磔刑に処された

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「磔刑」の読み方!正解は!?

正解は「たっけい」です!

「磔刑(たっけい)」とは、主に古代の地中海地域で行われた処刑方法で「はりつけ」とも呼ばれます。

「磔」の一文字で「はりつけ」と読むため、「磔刑」は「はりつけの刑」という意味になりますね。

受刑者は柱にくぎで打ちつけられるかひもで括り付けられて、むち打ちなどの拷問を加えられたとのこと。

また、十字架といえば「キリストの磔刑」の象徴として知られていますが、はりつけの台の形には十字架の他に、逆十字、I字、X字、Y字、IとXの組み合わせなどがあったそうです。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA