漢字読み講座

【惚ける】のろける、ではありません!3つの読み方、わかりますか?

読めそうで読めない漢字、そのままにしていませんか?

例えば「惚ける」という漢字、読めますか?

「のろける」ではありません(のろけるは「惚気ける」です)。

あなたは読むことができますか?

「惚ける」の読み方のヒントは?

実は「惚ける」という漢字の読み方は3つあります。

でも、どの読み方で使ったとしても似たような意味になります。

ぼーっとするような、何となく間の抜けたような、しらばっくれるような、そんな印象を与えます。

分かりますでしょうか?

正解は…

正解は…

とぼける・ぼける・ほうける

でした!

この3つの読みすべてが分かったら大したものです。

日常生活や様々な文章でもかなりの頻度で使われるので、覚えておいて損はありません。

これまで間違った読み方をしていた方は、この機会にぜひ正しい読み方を覚えてくださいね。

そして、惚(ぼ)けることがないように日々漢字のトレーニングを続けていきましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA