漢字読み講座

【拱く】この漢字、知っていますか?「きょうく」ではない本当の読み方とは…

今回は読めそうで読めない漢字をご紹介します。

「拱く」という漢字。

もちろん「きょうく」ではありません。

あなたは読むことができますか?

そして、その意味を正しく説明することができますか?

「拱く」の読み方のヒントは?

「手を拱く」という表現でよく使われます。

何もしないでただ傍観していることをあらわす言葉です。

読み方は送り仮名を含めて4文字。

「〇〇〇く」

少し難しいですが、分かりましたでしょうか?

正解は…

正解は…

こまねく

でした!

「手を拱く」という表現、一度は聞いたことがあるはずです。

ちなみに「手を拱く」という言葉の意味を「準備して待ち構える」と誤って認識している人も多いそうです。

文化庁の調査では、正しい意味で使っている人よりも誤った意味で使っている人のほうが多かったんだとか。

そこまでくると、もはや正しい意味として認めても良い気もしてしまいますが…。

いずれにせよ、この言葉の行方を手を拱いて見ていることはできませんね。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
Atria
ことばと島がすきなWebライターです。 離島観光ブログ「はなれじまトラベル」を立ち上げている最中です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA