漢字読み講座

「匁」この漢字、「やいば」と読んだ人は惜しい! 何と読みますか?

難読漢字です。

今回の問題は「匁」

(かたな)」「(やいば)」どれも違います…

さて、あなたは何と読みますか?

「匁」の読み方のヒントは?

1.「匁」をひらがなにすると3文字になります。

2.貨幣・タオル・シルク・真珠、「匁」は国内のさまざまな取引に使われてきました。

3.『おい。みんな今日は石を一人で九十匁ずつ運んで来い。』宮沢賢治「カイロ団長」より引用

正解は…

正解は「もんめ」でした!

日本国内だけで通用する「国字」なので音読みはありません。訓読みは「もんめ」と「め」です。

江戸時代は貨幣単位として使われていましたが、明治以降は主に尺貫法の重さの単位として取引に用いられました。

「匁」を用いる取引

「匁」とつながりが深い取引はタオルとシルクと真珠です。

真珠の取引では今も匁が使われています。

1匁は3.75gです。

タオル1ダース(12枚)の重さは、200匁が標準といわれています。

3.75g×200=750g ですから、750g÷12枚=タオル1枚が62.5gですね!もし匁が変わるなら、タオルの厚さが違うということです。

シルクの場合は93×93cmが1匁なので、もし匁が変わるなら、シルクの密度が高いということです。

ABOUT ME
イシカワマキコ
イシカワマキコです。日本語の奥深さが好きです! よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA