マインドフルネス

マインドフルネスは効果ない?実感しやすい効果まとめ8選

マインドフルネスの効果・メリット
たかの
たかの

こんにちは、DO-GEN編集部の高野(たかの)です。

「マインドフルネスにはどんな効果があるんだろう?」
「マインドフルネスを行うことでどんな身体的効果があるのかな?」
「マインドフルネスによる精神的効果を知りたい!」

この記事を読まれているあなたは、上記のように思われているかもしれません。

マインドフルネスは継続して行うものなので、どんな効果が得られるかは先に知っておきたいですよね。

そこで今回は、マインドフルネスによる身体的効果と精神的効果をお伝えしたいと思います。

マインドフルネスの効果【身体面】

マインドフルネスの身体的効果

ここでは、マインドフルネスで得られる身体的効果を3つ解説していきます。

マインマインドフルネスには減量やダイエットをはじめとし、免疫力の向上や血圧の低下にも効果があるとされています。

詳細について検証していきましょう。

マインドフルネスの身体的効果①減量やダイエット

マインドフルネスは減量やダイエットに効果があります。

現代では、“ながら食べ”という言葉もあるくらい、テレビを見たり、スマホをいじったり…何かをしながらなんとなく食事をとる人は多くなっています。

マインドフルネスによって一口一口意識して食事をすることで、“ながら食べ”をするのに比べて同じ量を食べても満腹感が高まるようになります。(米ハーバード大学メディカルスクールより)

実際にマインドフルネスを行って食事をするグループと普段通り食事を行うグループで比較を行うと、マインドフルネスを行っているグループの方が肥満の割合が少ないという研究結果も出ています。

また、マインドフルネスを行うと心のストレスが軽減されるため、ストレスによる暴飲暴食をすることもなくなります。

これらの理由からマインドフルネスは減量やダイエットに効果を発揮します。

(参考:米誌『Womens Health』

(参考:International journal of behavioral medicine

マインドフルネスの身体的効果②免疫力の向上

マインドフルネスを行うことで免疫力が向上します。

免疫力は、前頭葉皮質の活性化によって強化されるといわれています。

マインドフルネスはその前頭葉皮質を活性化させる働きを持っているのです。

つまり、マインドフルネスによって免疫力の向上が期待できるということになりますね。

マインドフルネスの身体的効果③血圧が下がる

マインドフルネスを行うと、血圧が下がります。

マインドフルネスによって緊張やストレスから解放されるので、副交感神経が高まるからです。

副交感神経はリラックスしているときに高まります。

一方で、交感神経は緊張やストレスによって高まります。

交感神経が高まると、脈が速くなり、血管が張り詰め、血圧が高くなってしまいます。

緊張=交感神経が高い=血圧が高い、リラックス=副交感神経が高い=血圧低い、です。

実際に、高血圧前症(高血圧症の1段階前の状態)の人々に対してマインドフルネスを行う実験をしたところ、実験前よりも血圧が下がったとの結果が出ています。

つまり、マインドフルネスを行うことによって血圧を下げることができるということですね。

(参考:jouenal of behavioral medicine

マインドフルネスの効果【精神面】

マインドフルネスの精神的効果

ここでは、マインドフルネスで得られる精神的効果を5つ紹介していきます。

マインドフルネスは、マインドフルネスという名前の通り精神的効果がかなり大きいものになっています。

例えば、集中力が向上したり、ストレスが軽減したり、自分に自信を持てたり。

他にも様々な効果があるので、紹介していくとともに、それぞれについて詳しく解説していきます。

マインドフルネスの精神的効果①集中力の向上

マインドフルネスを行うことで集中力が向上します。

なぜなら雑念を取り除き“今、この瞬間”だけに心を向けることができるからです。

たとえば、何か作業を行うときに「失敗したらどうしよう…」「ほかのことも気になってきた。」と作業自体以外のことを考えてしまうことはよくあるかと思います。

しかし、マインドフルネスを行うことで、余計な思考や不安にとらわれることなく、作業自体だけに心を向けるようになります。

それによって集中力が向上し、パフォーマンスが上がることも期待できます。

マインドフルネスの精神的効果②意思決定能力の向上

マインドフルネスによって意思決定能力が向上します。

“今、この瞬間”だけに心を向けることで、サンクコストにとらわれずに意思決定ができるようになるからです。

サンクコストとは、ある対象に時間やお金をかければかけるほど対象にのめりこみやすくなることです。

たとえば、恋愛において「恋人のために時間をかけて料理を作った。」「恋人に何度もご飯をおごった。」「恋人と会うためにメイクを一生懸命した。」「恋人を何度も車で送迎した。」という経験はあるかもしれません。

こういったことをサンクコストと言い、積み重ねるほど離れづらくなります。

しかし、マインドフルネスを行うと、そういったサンクコストにとらわれることなく、“今、この瞬間”にベストな選択をできるようになります。

(参考:BPS Research Digest

マインドフルネスの精神的効果③ストレスの軽減

マインドフルネスを行うと、ストレスが軽減します。

過去や未来に捉われることがないからです。

未来に何が起こるかわからない状態、過去行ってきたことに対して下される評価、日々起こる身の回りの変化によってストレス起こります。

昇給できるかどうか分からない、さっき自分のした発言が皆にどう思われたか気になる、席替えが行われる、などが当てはまります。

マインドフルネスを行うと、未来や過去を考えることなく、“今、この瞬間”だけに焦点を当てることができます。

過去や未来・変化についてを考えることが無くなるため、ストレスから解放されやすいということですね。

マインドフルネスの精神的効果④怒りをコントロールできるようになる

マインドフルネスを行うと、自分の怒りをコントロールできるようになります。

なぜなら、雑念にとらわれずに“今、この瞬間”だけに心を向けることができるからです。

怒りというのは、「~すべき」といった先入観や「~してほしい」といった期待との相違によって生まれることがほとんどです。

例えば、高速道路が渋滞で混んでいると怒る人がいますよね。

そ「高速道路はスムーズに走行できる道であるべき」だという先入観をもっているから怒ってしまうのです。

他にも、息子の部屋が片付いていないと怒る母親がいますよね。

それは、「部屋はきれいにしておいてほしい」という期待をもっているから生まれる怒りです。

しかし、マインドフルネスを行えば、自身の価値観や期待に捉われず、“今、この瞬間”だけに心を向けることができるようになります。

だから、マインドフルネスを行うと怒りをコントロールすることができるようになるのです。

マインドフルネスの精神的効果⑤自分に自信が持てる

マインドフルネスを行うと、自分に自信が持てるようになります。

なぜなら、過去の失敗や未来の不安を考えることが無くなるからです。

また、自分自身の感情や欲求を素直に受け入れることができるようになるため、己否定をしなくなり、自分を信頼できるようになるからです。

例えば仕事で失敗したときに、なんで私はこんなにダメな奴なんだ、また失敗するかもしれない、と自己否定し続けてしまうことがあるかもしれません。

マインドフルネスを行っていると、過去の失敗に落ち込んだ気持ちを受け入れることができ、今は落ち込むのではなく新しい仕事に取り組もう、と自己否定を辞めて今すべきことに集中することができます。

つまり、マインドフルネスによって無意識な自己否定をしなくなることで、どんどん自分に自信が持ててくるということです。

マインドフルネスにの効果についてまとめ

マインドフルネスの効果についてまとめ
  • 減量やダイエットに成功する
  • 免疫力が向上する
  • 血圧が下がる
  • 集中力が向上する
  • 意思決定能力が向上する
  • ストレスが軽減する
  • 怒りをコントロールできるようになる
  • 自分に自信が持てる

マインドフルネスの効果についてまとめると、上記のようになります。

マインドフルネスによって心身ともに健康になれたら、さわやかな毎日が送れそうですね。

ぜひ行ってみてください。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です