睡眠

睡眠時間を削ることででてくる影響とは?

睡眠時間を削ることで日中眠くなってしまったという経験をしたことはありませんか?

睡眠時間を削るとその他にも、さまざまな影響がでてくる可能性があります。

今回は、睡眠時間を削ることででてくる影響について紹介していきましょう。

睡眠時間を削ってしまう原因

スマホ

睡眠時間がきちんと確保できない原因は、人によってさまざまかと思います。

仕事場が自宅から遠く、通勤で時間がかかってしまう為、あまり睡眠時間が確保できないという場合もあるかもしれないです。

一方、寝る前にスマホやテレビを見ていて、睡眠時間が削られてしまうという場合もあるかと思います。

睡眠時間を削るとでてくる影響とは?

ベッド

睡眠時間を削るとさまざまな影響があります。

例えば、日中に眠くなってしまう・記憶力などが低下する・うつ病のリスクが高まるなどです。

以下で、詳しく解説していきます。

日中に眠くなる

睡眠時間を削り、睡眠不足の状態が続くと日中に眠くなってしまう場合があります。

日中仕事や家事をしていても、眠くてあくびがとまらないという状態になってしまうかもしれないです。

記憶力が低下する

睡眠時間を削ると、記憶力が低下してしまうかもしれないです。

記憶力の低下は、仕事や日常生活などで悪影響がでる可能性もあります。

うつ病のリスクが高まる

睡眠がきちんととれていないと、うつ病のリスクが高まる可能性もあります。

眠りがあさかったり、なかなか眠れなかったりという場合も注意が必要です。

肥満になりやすい

睡眠不足の状態になった時、いつもよりも食べすぎてしまった経験はないでしょうか?

睡眠時間を削ると、満腹感を得にくくなってしまう可能性がある為、食べ過ぎて肥満になってしまう場合もあります。

疲れやすい

睡眠時間を削ったことにより、身体も十分に休めていない為、疲れを感じやすくなってしまうことがあります。

日中の活動に影響してくることもあるかもしれないです。

睡眠時間を削るとさまざまな影響が!

あくび

睡眠時間を削ることで、今回ご紹介してきた事以外にもさまざまな影響をおよぼす可能性があります。

仕事などでやむを得ず睡眠時間を削らないといけない場合もあるかもしれませんが、なるべく睡眠時間を削らずに済む場合は、きちんと睡眠時間確保に努める事が大切です。

例えば、寝る前にスマホやパソコンを利用していたり、テレビを見ていたりして、睡眠時間を削っている場合は、なるべく睡眠時間を優先するのが賢明でしょう。

仕事から帰ってきて、すぐに就寝する事は難しいかもしれないですが、寝る前のスマホの時間は削る事もできるはずです。

自分に合った睡眠時間をきちんと確保できるよう、努める事が大事です。

ABOUT ME
sakura
快適な睡眠に興味があるライターsakuraです。寝具があまり合っていないのか、快適な睡眠がとれず、睡眠時間が短くなってしまうということもしばしば。しかし、枕を変えたらだいぶ寝にくくなくなったので、ベッドや枕は睡眠にとってとても重要だと思います。快適な睡眠についてご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA