フォームローラー

トリガーポイント(TRIGGER POINT)のフォームローラーの口コミ評判を徹底解説!

コリ固まった筋肉や関節の柔軟性を高め動きを滑らかにし、腰痛や肩こり・むくみやダイエットにも効果があると言われている話題のボディケア・アイテム・フォームローラー

トリガーポイントのフォームローラーは、トレーニング前後のサポートはもちろんのこと、肩や腰のはりといった日常でのケアを目的として愛用する人も急増中です。

しかし「使い方が難しそう」「本当に効果があるのか不安」という人も多いですよね。

そこで今回の記事では、トリガーポイントのフォームローラーを実際に使用した人の口コミや評判から、その特徴効果とメリット・デメリット合わせて徹底解説していきます。

トリガーポイントのフォームローラーの購入を迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

トリガーポイントのフォームローラーを使った口コミと評判を徹底解説!実際に使ってどうだった?

ここでは、トリガーポイントのフォームローラ」を実際に使用した人たちの、リアルな口コミ・評判をみていきます。

トリガーポイントのフォームローラーのツイッターの口コミ評判の一覧

Twitterでは、トリガーポイントのフォームローラーについて良い口コミが多い印象です。

「購入前には使い方に不安があって悩んだけれど、使い慣れてからは手放せなくなった」という声も見かけました。一方、格安の類似品を購入したけれど、効果を感じられずに正規品を購入し直したという人もいるようです。

トリガーポイントのフォームローラーのインスタグラムの口コミ評判の一覧

 

この投稿をInstagramで見る

 

🦭(@76_____life)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

shota kumazaki(@kuma.gorilla)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

sugi姉(@yf21384a1030)がシェアした投稿

Instagramでも、トリガーポイントのフォームローラーは良い口コミが多く、悪い口コミは見つけられませんでした。

カラーバリエーションが豊富なので、好みの色のフォームローラーを購入してモチベーションを上げているという投稿もありました。

アスリートはもちろん、フォームローラーでダイエットやリフレッシュ・リラックスのために使用している人も多いようです。

トリガーポイントのフォームローラーを使った人の口コミについてまとめ

  • とにかく痛気持ちいい
  • 自宅で気軽にできる
  • 肩こりが楽になった
  • 使い方が合っているかわからない
  • テレビやネットを見ながらできるのがいい
  • 痛くて続かなかった
  • 痛いのを我慢して続けていたら楽になった
  • カラーバリエーションが豊富で選ぶのが楽しい
  • 脚が細くなった気がする
  • 強めのマッサージをされているようで気持ちいい
  • 耐久性があるので思い切り不可をかけられる
  • 整体に通っていたけれど行かなくてもよくなった
  • デスクワーク中の腰が楽になった
  • 就寝前に使うとスッキリしてぐっすり眠れる

トリガーポイントのフォームローラーの口コミは、基本的にはよいものが多く、継続して利用しているという印象です。

低価格で販売されている類似品を購入した人の中には、クッションが硬すぎて体を痛めたり、デコボコの部分が体にフィットしなくてただ痛いだけだったので、結局正規品を買いな直したという口コミもありました。

トリガーポイントのフォームローラーの口コミから分かった効果や特徴を解説!

トリガーポイントのフォームローラーの口コミ・評判は全体的に高評価のものが多い印象です。では、その効果や特徴はどのようなものなのでしょう。

トリガーポイントのフォームローラーの特徴は?

トリガーポイントのフォームローラー

まるでマッサージセラピストの手技のような感覚を再現した特殊構造により、痛気持ちいいセルフマッサージを実現したのがトリガーポイントの「フォームローラー」です。

■トリガーポイントの「フォームローラー」のマッサージセラピーとは■

  1. High &amp・手のひらのような平らな形状の面 
  2. Tubular・指のようなチューブ形状
  3. Higt &amp・指先のように突起した形状

トリガーポイントのフォームローラー表面にある正方形の平らな部分はで手のひらの機能を、横にある長細い棒状の部分で指の機能、全体にある細かい突起はこする機能となり、まるで人の手で強めのマッサージをされているような感覚になります。

これにより、硬く凝り固まった筋膜リリースされます。筋膜リリースとは、筋膜のねじれや癒着部分のコリをほぐして、筋肉や関節の動きを柔らかくスムーズにすること。

トリガーポイントのフォームローラーを使用すると…

  • 筋肉外部・内部の筋膜がほぐれて、筋肉の柔軟性が高まります
  • 関節の可動域が広がり動きがスムーズになります
  • 毛細血管への刺激によって血行がよくなり、老廃物を押し流して疲労回復を促進します

トリガーポイントのフォームローラーなら、使い方を習得すれば、自分のペースで場所を選ばずに、簡単に筋膜リリースを行うことができます

これにより、誰でも手軽に、凝り固まった筋肉を開放しパドーマンスや躍動感を向上させることができると、世界中のアスリートから愛用されてるのです。

また、空洞の中芯部は体重負荷を支えて安定させる硬いABS樹脂構造、EVA素材を採用しているため耐久性に優れて変形しにくく、思い切り体重をかけて使用できます。

体の大きな人や体重の思い人は、思い切り負荷をかけるのを躊躇してしまうこともありますが、トリガーポイントのフォームローラーなら安心ですね。

トリガーポイントのフォームローラーの効果はどうだった?

トリガーポイントのフォームローラー

●トリガーポイントのフォームローラーで期待できる効果●

  • 筋膜のリリース
  • 筋肉の可動域の向上
  • 運動パフォーマンスの向上
  • 運動後のクールダウン
  • 筋肉痛の予防
  • 腰痛
  • 首や肩のコリ
  • 猫背など姿勢
  • デスクワークの疲労
  • むくみの解消
  • 便秘

トリガーポイントのフォームローラーがおすすめな人は、かなり広範囲に渡ります。

筋膜リリースによって、解消された筋肉のコリや張りにより柔らかく質のよい筋肉たもつことができるため、運動パフォーマンスがアップし、トレーニングの効果もあがります

また、筋膜リリースで筋肉や骨が正しい位置に調整され、血液の循環やリンパの流れもよくなります。それにより、体のコリやむくみの解消効果も。

正しい姿勢になり、それをキープすることによって、体のコリや疲れも軽減されます。

デスクワークや立ち仕事、スマートフォンを見る時間が長い現代人は、崩れた姿勢で固まってしまい、その結果バランスが悪くなりそれが不調につながりがちです。

トリガーポイントのフォームローラーで筋膜リリースして、快適な体を手に入れましょう。

 

トリガーポイントのフォームローラーの口コミを調査してわかった悪い点

トリガーポイントのフォームローラーのデメリット
  • 正しい使い方がよくわからない
  • 痛くて使えなかった
  • 整体と違って自分で動かなくてはいけないのが面倒くさい

トリガーポイントのフォームローラーは、正しい使い方がわからないという口コミがありました。
そのような声に応えて、公式サイトには使い方の動画が公開されています。

「部位別「悩み別」「スポーツ別」と細かく紹介されているので、これさえ見ればやり方に迷うコトはないでしょう。

また、痛くて使えなかったという口コミもありました。

コリ固まってしまった部分は、最初はどうしても痛みを感じてしまいます。無理に一度にリリースしようとせず、数回に渡って少しずつ使用することで、筋肉が柔らかくなり痛みを感じなくなってきます

数は少ないですが、整体やマッサージのように寝ているだけで調整させるわけでななく、自分で動かさなくてはいけないのが面倒だという口コミもありました。

部位によってはテレビを見ながらゴロゴロするだけで調整できますが、確かに多少面倒なことは否めません。

とはいえ、わざわざ施術先まで向かわずとも自宅で気軽にできるというメリットもあります。整体やマッサージとトリガーポイントのフォームローラーを、スケジュールや体の調子に合わせて使いわけるとよいでしょう。

トリガーポイントのフォームローラーの口コミを調査してわかった良い点

トリガーポイントのフォームローラーのメリット
  • 最初は痛いけれど、終わる頃には気持ちがいい
  • 自宅で簡単にできる
  • 肩こりが軽減した気がする
  • TVを見ながらでもできるのがいい
  • とにかく痛気持ちいい
  • 血流がよくなってスキッとした
  • カラフルでモチベーションが上がる
  • 足が細くなった気がする
  • 耐久性があって安心して使える
  • 腰が楽になった
  • 整体に行かなくてもよくなった

トリガーポイントのフォームローラーを使用した人たちの口コミをまとめました。かなり高評価が多く、良い口コミで溢れていたのが印象的です。

「とにかく痛気持ちいい」「使うとすっきりする」「リセットされた感じがある」なと、体への変化と心地良さに感動する口コミをよく見かけました。

スポーツを楽しんでいる人や体を鍛えている人はもちろん、一般の人の利用も多いようです。

とくにデスクワークで肩や首・腰などに違和感がある人や、立ち仕事などで足のむくみに悩んでいる人などが、日常でたまった体の疲れや歪みを整える目的で使っている印象です。

その他にもダイエット中に使用して、効果を実感しているという口コミも数多く見かけました。むくみが取れるだけでも脚やボディラインがスッキリと美しくなります。

ダイエット中の運動でも、老廃物をスムーズに排出することで、結果が早くでると感じた人も多いようです。

トリガーポイントのフォームローラーの料金を商品別に比較しました

画像 料金 備考
グリッド フォームローラー トリーガーポイントのフォームローラー ¥5,995(税込)
  • 長さ33cmのスタンダードモデル
  • 手軽に持ち運びができるコンパクトサイズ
  • 9色のカラーバリエ

ブラック/オレンジ/カモフラージュ/ピンク/ライム/カモフラージュグレー/カモフラージュブルー(日本限定カラー)/ミント/ミッドナイト

グリッド フォームローラーX トリーガーポイントのフォームローラー ¥7,700(税込)
  • 長さ33cmの硬質モデル
  • フォームはスタンダードモデルの2倍の硬さ
  • 筋膜・筋肉に強い圧迫が可能
  • より強い刺激を求める方におすすめ

 

グリッド トラベル トリーガーポイントのフォームローラー ¥4,730(税込)
  • 旅行・ジム・外出先などに最適なコンパクトサイズ
  • グリッド フォームローラーと同様のような感覚を再現し特殊構造
グリッド フォームローラー2 トリーガーポイントのフォームローラー ¥9,900(税込)
  • 長さ66cmのロングモデル
  • フィットネスクラブなどの広い場所に最適
コア フォームローラー トリーガーポイントのフォームローラー ¥4,730(税込)
  • より柔らかな圧迫・痛みに敏感な方におすすめ

 

コア フォームローラー ミニ トリーガーポイントのフォームローラー ¥3,520(税込)
  • 携帯に便利なミニサイズ
  • 女性やシニア、持ち運びたい方におすすめ
  • コア フォームローラーのミニサイズ
  • やさしい当たり感と持ち運びの便利さが特徴

トリガーポイントのフォームローラーは、全部で6種類。それぞれの硬さやサイズなどが違いから、自分にぴったりのドールローラーが見つかります

ベーシックなタイプのグリッド フォームローラーは、耐久性に優れ変形しにくいEVA素材採用しているため、体の大きな人でも安心して負荷をかけられます。

トリガーポイントのフォームローラーと他の人気フォームローラーを徹底比較

商品名 値段 サイズ 素材 タイプ
uFit Vibrating Roller 16,800円(税込み) 長さ29cm×縦16cm×幅16cm EPP素材(発泡ポリプロピレン) 電動タイプ
STEADY 電動フォームローラー 9,480円(税込み) 長さ29cm×縦11.4cm×幅11.4cm EVA素材 電動タイプ
ドクターエア(DOCTORAIR)ストレッチロールS 19,352円(税込み) 長さ32cm×縦15cm×幅15cm EPP素材 電動タイプ
TRIGGERPOINT(トリガーポイント)グリッドフォームローラー 5,995円(税込み) 長さ33cm×縦14cm×幅14cm EVA素材(表面)ABS素材(空洞芯部) ノーマルタイプ
IMPHY(インフィ)フォームローラー スタンダードタイプ 4,378円(税込み) 長さ33cm×縦13.8cm×幅13.8cm ABSチューブ・EVA樹脂 ノーマルタイプ
ニトリ ストレッチローラー 1,490円(税込み) 長さ33cm×縦14cm×幅14cm 合成樹脂 ノーマルタイプ
SIXPAD(シックスパッド)パワーローラー 15,180円(税込み) 長さ34cm×縦14cm×幅14cm EVA・ABS樹脂 電動タイプ
STAN(スタン) Vibration Foam Roller 6,980円(税込み) 長さ33cm×縦14cm×幅14cm EVA素材 電動タイプ
GronG(グロング)フォームローラー フラットタイプ 1,680円(税込み) 長さ30cm×縦12cm×幅12cm EVA樹脂(本体)・PVC素材(内側) ノーマルタイプ
TETOP(テートップ)フォームローラ 1,899円(税込み) 長さ32cm×縦12.5cm×幅12.5cm 高品質EVA ノーマルタイプ
Rumble Roller(ランブルローラー) 8,800円(税込み) 長さ31cm×縦13cm×幅13cm EVA/ポリオレフィン混合素材 ノーマルタイプ
100均(ダイソー)筋膜ローラー 550円(税込み) 長さ33cm×縦14cm×幅14cm EVA ノーマルタイプ

トリガーポイントの「フォームローラー」を他の人気フォームローラーと比較しました。

トリガーポイントのフォームローラーは、しっかりとした凹凸ですが表面の素材がもっちりとしていています。

体重をかけても痛みが少なく感じる柔らかさで、フォームローラーが初めてという人でも安心して使用できます。s

また、サイズや柔らかさの違う6種類があるため、目的や好みによって選べます。

部位によって硬さを変えたい人には、ハードとソフトがセットになったスポーツブランドstʌn(スタン)のフォームローラーがよいでしょう。素材はハードもソフトも、耐久性の高いEVA素材です。ソフトをハードの空洞に入れて持ち運べます。

コスパのよさなら、フィットネスアイテムを扱うprimasole(プリマソーレ)のフォームローラーがおすすめです。デコボコ部分が丸みを帯びているので、刺激もほどよく初心者向きです。

リーズナブルな価格帯ながら、しっかり体重をかけても変形しない耐久性の高いEVA素材で作られているので、安心して長く使用できます。

「時間がない」「フォームローラーを自重で動かすのは面倒」だという人には、電動のフォームローラーなら、短時間で効果が出るだけでなくマッサージ機器としても使えます。

おすすめは、フィットネスマシンやトレーニング補助アイテムなどを扱うSTEADY(ステディ)の電動フォームローラーです5段階の振動レベル・2種類のリズムから選べます

また、表面のデコボコもEVA製でしっかりとしているため、電源を入れていない時には、そのままフォームローラーとしても使用できます。

トリガーポイントのフォームローラーの偽物との見分け方はある?使い心地の違いは?

トリーガーポイントのフォームローラー

トリガーポイントの「フォームローラー」は人気が高いため、正規品ではない偽物も数多く出回っています。

正規品以外の商品を使うと、ただ痛いだけで効果がなかったり、最悪の場合体を痛めてしまったりする可能性があるため、注意が必要です。

トリガーポイントの「フォームローラー」の正規品と偽物の見分け方

  • 商品名が違う
  • ロゴマークの向きが違う
  • シリアルナンバーが入っていない
  • 正規品を示すホログラムシールが貼られていない

ひとつずつ解説していきます。

■商品名が違う

正式名称は「トリガーポイント(TRIGGER POINT)グリッド フォームローラー」です。類似品の名称は「フォームローラー」「ヨガローラー」といった名前で販売されています。商品名が違う場合は、すぐに見分けがつきますね。

■ロゴマークの向きが違う

トリガーポイントのフォームローラー

トリガーポイントの「フォームローラー」は、名称が全く同じ偽物も発売されています。販売価格が極端に安い場合は、偽物の可能性が高いので気を付けてください

見分け方の一つに、トリガーポイントのロゴマークの向きがあります。正規品のロゴマークの向きは、写真のように右を向いています。

偽物は左に傾いている・下向きになっているこなどがあるので参考にしてください。

シリアルナンバーが入っていない

トリガーポイントのフォームローラー

正規品は本体の内側に、シリアルナンバーが入っています。TRIGGER POINTのNameとロゴの下の部分にあるので、必ず確認しましょう。

■正規品を示すホログラムシールが貼っていない

正規品は本体の内側に、偽造防止のセキュリティラベルであるホログラムシールが貼ってあります。

●正規販売店以外で購入する時に気をつけること●

  • 販売元がトリガーポイント(Triggerpoint)かどうか
  • 「日本正規品」の表記があるか
  • 「1年保証」が付いているか

公式オンラインショップで購入すれば確実ですが、もしも通販サイトなどを利用する場合は上記のポイントも必ずチェックしてください。

トリガーポイントのフォームローラーにはミニサイズはある?

トリガーポイントのフォームローラー

トリガーポイントのフォームローラー」は、ジムや旅行、外出先などで使用するのに最適なコンパクトサイズのグリッドトラベルがあります。

マッサージセラピストの手技を再現する特殊構造はそのままに、使いたい場所で使いたい時に手軽に持ち運んで使用できるのが嬉しいですね。

直径11cm・長さ22.5cmなので、ほとんどのサイズのバッグに収納可能です。重さも385gと軽量です。500mlのペットボトルよりも軽いため、移動の際にも負担になりません

また、「コア フォームローラー」のミニサイズ「コア フォームローラーミニ」は、やさしい当たり感と持ち運びの便利さが女性やシニアにぴったりです。

痛すぎるのが苦手、体が小さめなので通常サイズはフィットしにくいという場合は、こちらを使うと良いでしょう。サイズは直径9.8cm・長さ30cm、 重さは超軽量の221gです。

トリガーポイントのフォームローラーの使い方は?硬さや種類によって違う?

トリガーポイントのフォームローラー

トリガーポイントのフォームローラーはスタンダードモデル他に、より強い刺激をもとめる人のための硬質モデルグリッドフォームローラーXや、痛みに敏感な人用のコアフォームローラーなどがあります。

またロングモデルのグリッド フォームローラー2もあり、好みと目的に合わせて選ぶことができます。

トリガーポイントのフォームローラーの基本的な使い方は以下の2つです。

  1. 筋繊維の走行に沿って行う
  2. 筋繊維を横切るようにして行う

トリガーポイントのフォームローラーを行う際の4つのポイントは以下の通りです。

  1. ゆっくりとした動作で行う
  2.  呼吸を止めずに行う
  3.  体の痛みや重さを自分で感じながら行う
  4.  角度を変えて全体を刺激する
トリガーポイントのフォームローラー

【 ふくらはぎ(ヒラメ筋)の筋膜リリース方法】

  1. フォームローラーの上で足をクロスさせ、ふくらはぎをのせるように置きます
  2. 両手を肩の真下で床につき、お尻をあげて体を支えます
  3. ゆっくりと前後にローリングさせます。片足5〜6回ずつ両足おこないます
  4. つま先をあげてふくらはぎの周囲を横向きのリリースします
  5. ふくらはぎの下部分と上部分、両方行いましょう

【 広背筋の筋膜リリース方法】

  1. 横向きで寝て、膝を少し曲げます
  2. 脇の下にフォームローラーを合わせて、片手で支えます
  3. 手の平を上に向け、まっすぐ伸ばします
  4. 脇の下でローリングします
  5. 反対の手でフォームローラーを支えて行いましょう

その他、詳しい使用方法は公式サイトの「HOW TO」で見ることができます。
製品別・部位別・悩み別・スポーツ別に、それぞれの使用方法が動画で紹介されているので、参考にしてください。

トリガーポイントのフォームローラーを使う際に気になるQ&A一覧

そもそも筋膜とはなんですか?
 トリガーポイントのフォームローラーは、運動の前と後、どちらに使うのが効果的ですか?
トリガーポイントのフォームローラーの保証について教えてください
トリガーポイントのフォームローラーを安く購入できるクーポンはありますか?

トリガーポイントのフォームローラーについて、よくある質問や疑問点についてまとめました。購入前に是非チェックしてくださいね。

1.そもそも筋膜とはなんですか?

トリガーポイントのフォームローラー

筋膜とは筋肉を包む膜のことです。イメージとしては、まるでウェットスーツを着ているように体全体に張り巡らされています。

筋膜は一定の法則で連結しあってバランスを保ちながら体全体や筋繊維を包み込んでいますが、そのため一部に障害が起きると他の離れた部分にも影響が出てしまいます。

筋膜は柔らかく癒着・萎縮しやすいという特徴があり、柔軟性を失って癒着した部位は「トリガーポイント」と呼ばれて、痛みやコリの原因となるのです。

トリガーポイントのフォームローラーは、この癒着・萎縮した筋膜を、こすったり引っ張ったりすることで、正常な状態に戻し、乱れを取り除きます

2.運動の前と後、どちらに使うのが効果的ですか?

トリガーポイントのフォームローラー

トリガーポイントのフォームローラーは、使用するタイミングによって感じる効果が異なります。

運動前の使用で期待される効果

  • 筋肉組織の活動性と柔軟性の向上
  • 筋肉、筋膜線維の長さ、張力の最適化
  • より効果的な筋肉の動きへと変化させる
  • エネルギーの出力が向上 心拍数の安定

トリガーポイントのフォームローラーを運動前に使用することで、ウォームアップになりパフォーマンスがあがり効果的な成果を感じられます

注意してほしいのが、ウォームアップから実際のパフォーマンスまでに時間を開けすぎないようにすることです。

トリガーポイントのフォームローラーは、柔軟性や可動域を広げる即効性はありますが、その効果は長時間は続きません。少なくとも10分以内にパフォーマンスをはじめるようにしてください。

運動後の使用で期待される効果

  • 疲労した筋肉組織の回復
  • 柔軟性の向上
  • リカバリープロセス(回復工程)の開始

トリガーポイントのフォームローラーを運動後に使用することは、クールダウンに最適です。

血管の中にたまった老廃物を効率的に押し流して代謝機能をサポートするため、よりスムーズな疲労回復が望めます。また、筋肉痛の予防効果も期待できるでしょう。

クールダウンには時間をゆっくりかけても大丈夫です。

また、リハビリ時期の硬く可動性が悪くなっている場所への使用も、効果を感じる人が多いようです。

3.トリガーポイントのフォームローラーの保証について教えてください

トリガーポイントのフォームローラー

トリガーポイントのフォームローラーには、お買い上げ日より1年間の製品保証期間がついています。

保証範囲は、保証期間中に商品不備が原因での破損が生じた場合です。ただし、同一製品の在庫がない場合には、同額製品での代替えとなります。

【以下は保証の対象外となります】

  • 業務上での使用の場合
  • 故意・過失・不注意による損傷の場合
  • 紛失の場合
  • 火災や地震などにより損傷した場合
  • お買い上げ後に色付けや加工した場合

4.トリガーポイントのフォームローラーを安く購入できるクーポンはありますか?

トリガーポイントのフォームローラー

現在、先着100名さまがお得にトリガーポイントを体験できる「トリガーポイントフレンズキャンペーン」を行っています。

  1. グリッドフォームローラーミッドナイトを20%オフで購入できる特別クーポン
  2.  01を利用して購入してInstagramなどのSNSに指定のハッシュタグと共に投稿するとトリガーポイント製品をプレゼント

応募資格は、グリッドフォームローラーに興味を持っている・類似品を持っている、日本国内在住の人です。

当選者には、ミューラージャパンより、メールで「グリッドフォームローラー ミッドナイトカラーの割引クーポン」の配布と共にお知らせします。

今後も「トリガーポイントフレンズ」では、プレゼントキャンペーンなどさまざまな企画を予定しているので、要チェックです。

トリガーポイントのフォームローラーの基本情報

正式名称 トリガーポイント(TRIGGER POINT)グリッド フォームローラー
会社名 ミューラージャパン株式会社
住所 神奈川県横浜市中区山下町74番地1 大和地所ビル 4F
電話番号 045-651-7800

上記が、トリガーポイントのフォームローラーの基本情報になります。

トリガーポイントのフォームローラーについてまとめ

トリガーポイントのフォームローラーについてまとめ
  • マッサージセラピストの手技のような使用感
  • 耐久性に優れて変形しにくいEVA素材を使用
  • テレビを見ながらでもケアできる
  • とにかく痛気持ちいいので継続できる
  • コンパクトで軽量なので持ち運びも楽
  • 肩こりや首の違和感が気にならなくなった
  • 使用後はスッキリして体が楽になる
  • 自宅で気軽に体を整えられる

トリガーポイントのフォームローラーは、痛みを感じにくく初心者でも使いやすいため、アスリートやスポーツ愛好者はもちろん、デスクワークや立ち仕事の多い人などにもぴったりのボディケア・アイテムだと言えます。

カラーバリエーションが豊富なので、好みの色を見つける楽しみもあります。ボディケアの時間は、自分好みのカラーだとモチベーションがあがりますよね。

トリガーポイントのフォームローラーは硬さやサイズによっても種類があるため、自分にぴったりのフォームローラーが見つかるでしょう。

この記事が「フォームローラー」の購入を検討している方の参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

フォームローラー人気おすすめランキングはこちら!

ABOUT ME
村田幸音
犬と旅と美味しいものをこよなく愛するWEBライターです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA