枕(まくら)

山田朱織枕研究所の整形外科枕ドクターズピローを使ってみたレビュー!評判や口コミも調査しました。

山城
山城
こんにちは、休養メディア「DO-GEN」を運営している山城(やましろ)です。

しっかり寝ているのに、朝起きると首や肩に違和感を感じることってありませんか?

僕はかなり首にくるタイプで、長年首コリに悩んでいました。。。

調べたところ、寝返りがうちにくい枕だと肩や首に負担がかかりやすい傾向があるみたいです。更に枕が合わないといびきの原因にもなると。。。

そこで、寝返りに特化した評判の良い「山田朱織枕研究所」の「整形外科枕ドクターズピロー」という枕を買ってみました。

実際に使ってみたらすごく良かったので、感想をシェアします!

 

枕選びに悩んでいる人の参考になれば嬉しいです!

最強の枕「整形外科枕ドクターズピロー」の公式サイトはこちら!

目次

山田朱織枕研究所の「整形外科枕ドクターズピロー」を使った口コミ!ガチでレビューします

ここからは、整形外科枕ドクターズピローを使った私の口コミを正直ベースで解説していきます!

整形外科枕ドクターズピローを買おうか迷っている人の参考になれば嬉しいです。

山田朱織枕研究所の「整形外科枕ドクターズピロー」を購入しました!

整形外科枕ドクターズピローの枕が届きました!

 

専用のメッシュ袋に入っていました。

 

袋から「整形外科枕ドクターズピロー」を出してみました!

四角くシュッとした形の枕です。どんな感じなんでしょうか。

 

タオル地のカバーをあけると、このようにメッシュの袋に入った芯材がありました。

 

硬さの違う芯材が何層にもなっています!

 

下の層はしっかりした反発があるのですが・・・

 

上の層はすごく柔らかくてふわふわしています…!!

上の層はふわっとやわらかく、下の層はしっかり支えてくれるイメージです。

 

タグを見てみると「日本製」と記載がありました。

品質が良いので安心感があります。

 

また、芯材の追加分もついており、こちらを使うことで高さの調整ができます。

整形外科枕ドクターズピローの枕に寝てみました!

さっそく寝てみました!

反発力があるのに少しふわっとしていてめちゃくちゃ気持ちいいです…!これはすごい。。。

 

説明書画像を見ると、最初のデフォルト状態では70mmですが、男性は75mmくらいの方が合うようです。(ただ、人によって異なるようで詳しい調整方法も書いてあります)

確かに、最初に寝てみて少し低いかな?と感じたので、早速この「調整機能」を試してみます。

 

下の薄い3枚のシートを外し・・・

 

付属されていた分厚いシートを入れます。

デフォルトでは高さ70mmになっていたのですが、これで75mmになりました。

 

ちなみに、この少し丸くなっている部分が肩から首に当たることで、柔らかくしっかり支えてくれるようです。

果たして結果は・・・

高さ調整したら最強の枕になりました…!!

これはすごい…!!めっちゃきもちいいです!!

そして、私の首や頭の高さにベストマッチしています。

これは最強なんじゃないだろうか・・・。

 

寝返りもすごくラクです。

あまり普段寝返りって意識してなかったのですが、枕が変わるとこんなにも変わるんですね。

 

横向きで寝るのもすごく気持ちいいです。

高さがちょうど良く、反発力もあるので横向きでも寝返りがうちやすいです。

山田朱織枕研究所の「整形外科枕ドクターズピロー」で悩んでいた首コリがすっかりラクになって本当にすごい…!

整形外科枕ドクターズピローを使って、あんなに悩んでいた首コリがすっきりして本当に買って良かったです…!

これまで枕を変えまくっていたのは一体なんだったんだという感じです。

 

あと、これまでの枕だとイビキがよく出ていたのですが、こうして写真で見ると高さが合わずにアゴが引いた状態になってしまっています。

 

整形外科枕ドクターズピローだとこのように自分に合った高さに調節できるので、イビキもかかなくなりとても快適です!

寝返りがしやすいので、それもイビキの改善に貢献しているようです。

「整形外科枕ドクターズピロー」は、テレビに多数出演の整形外科医の山田朱織先生が開発したスゴい枕でした

この「整形外科枕ドクターズピロー」ですが、山田朱織先生という整形外科の方が作られた枕でした。

 

これまで枕外来で首や肩や腰に悩む6万人以上の手助けを行われてきたようです。

 

かなりの研究を重ねてこの枕を開発したようです。

 

「16号整形外科」という医院で首のトレーニング講座なども行い、

 

テレビにも多数出演されているようです。

 

「多くの人が枕を正しく選べていないことによって肩こりや腰痛の悩みを抱えている」とのことでした。

この枕なら長年の悩みから解放してくれるのではと思い買ってみたので、早速レビューしていきます!

山田朱織枕の「整形外科枕ドクターズピロー」は20日間の返金保証がついていたので安心して買えました

こちらの「整形外科枕ドクターズピロー」ですが、20日間の返金保証がついていました。

枕って正直しばらく使ってみないと合うか分からないので、実際にしばらく試せるのは良いと思います。

実際に使ってみて合わなければ使用後でも返金してもらうことが可能です。

この返金保証があったおかげで安心して買えました。

 

また、1年間の商品保証もついてました。

もし1年以内に破損などがあった場合は無料交換してもらえるとのことです。これなら安心してガッツリ使えると感じました。

山田朱織枕研究所「整形外科枕ドクターズピロー」実際に使った他の人の口コミ

ここからは、ドクターズピローを実際に使った方の体験レビューを詳しく記載して頂きました。

セルフオーダーメイドは簡単!

セルフオーダーメイドだと、難しいのではないか、ちゃんと自分に合うサイズになるのかと不安がありますよね。山田朱織枕研究所では6万人の計測データから生まれた「自動計測システム」があり、年齢・性別・身長・体重を入力するだけで自分に最適なサイズを算出してくれます。

私の場合は60mmと算出されました。最初は70cmで届いていたので、入っていたベースシートを1枚外すだけでOKでした。

正直、ちょっと面倒臭そうと身構えてたのですが拍子抜けするほど簡単です。

試しに頭を乗せてみると少し高い気がしたので、高さ調整用のアジャスターシートをさらに1枚外してみました。この5mmの差が大きい!頭を乗せた感じが全く変わりました!!

首への負担がなく肩まわりが楽に!

ドクターズピローを実際に使用した感想は、熟睡度がすごいというか、目が覚めた時に「あぁよく寝た!」と思わず言ってしまうほどしっかり眠った感覚があります。

私はもともと寝起きの肩こりや頭痛はなかったのですが、起床時には首や肩が少し硬くなってるな程度の違和感がありました。でもそれは大人になれば当たり前、体の疲れも抜けずらくなるのと同じでそんなものだろうと思っていたんです。

今回ドクターズピローを使ってわかったのは、大人でもしっかり眠れば疲れも取れるし寝起きの体は楽になっているということです!

山田朱織枕研究所「整形外科枕ドクターズピロー」のSNSの口コミ・評判

説明を読むと「なんだか良さそう」という印象ですが、実際の使用感や効果がどうなのか気になりますよね。

そこですでに使っている人のリアルな口コミ・評判を集めてみました。

 

山田朱織枕研究所「整形外科枕ドクターズピロー」の特徴と効果

整形外科の院長・山田朱織医師が設立した山田朱織枕研究所では、これまでの臨床経験を生かし開発されたオーダーメイド枕・整形外科枕シリーズを展開しています。

プロの野球選手やラグビー選手など多くのアスリートが愛用していると聞くと、その効果にとても興味がわきますよね。実際に多くの枕難民からの支持を受け、なんとこれまで累計6万個以上の販売実績があるんです!

そして2020年、新たに誕生したのがセルフオーダーメイド・自分で高さを調整できる整形外科枕ドクターズピローです。

1.計測不要のセルフオーダーメイド

通常の場合、オーダーメイドの枕は店舗や提携病院へ行って実際に計測してもらわなければ購入できません。でもこの整形外科枕ドクターズピローは店舗に足を運ぶことなく購入でき、自宅で自分に合ったサイズに調整可能。

調整方法はシンプルで、素材や柔らかさの違う8枚のシートを入れ替えることで、なんと5mm単位での高さの調整ができるというから驚きです。

ソフト層(柔らかいソフトタッチの素材)

一番上になる頭をのせる部分のシートは柔らかく、低反発の心地よい素材です。

支持層(ベース素材)

頭を支えて首をサポートする役割があります。わりとしっかりと固めの素材です。

アジャスター(高さ調節用素材)

高さを調節するための5mm厚の素材です。実際に試してみると、この5mmで本当に大きな差がありました!

これら各種シートの枚数や重ねる順番を変えることで、自分にピッタリの高さの枕ができあがります。

2.寝返りのうちやすいフラット構造

就寝中の寝返りは20〜30回が理想と言われていて、以下の3つの大切な働きがあります。
・体液(血液・リンパ液・関節液)を循環させる
・体温を調整する
・体圧を分散させる

枕の高さが合ってなかったり、柔らかすぎたりすると無意識に体が緊張し、寝返りの回数が少なくなることがあります。

フラットでほどよい硬さのある枕は力を入れずに寝返りがうちやすく深い睡眠を持続できるため、睡眠中の体に大切な働きを邪魔しません

3.自己メンテナンスができる

せっかくオーダーメイドで自分にピッタリの枕を作っても、年齢を重ねたり体型が変わったりすれば合わなくなってしまいます。

また季節や温度、使用年数によっても枕は変化します。ドクターズピローは定期的なメンテナンスを自分で行うことができるため、さまざまな変化にも対応できので安心です。

山田朱織枕研究所「整形外科枕ドクターズピロー」のデメリット

ここからは、山田朱織枕研究所「整形外科枕ドクターズピロー」のデメリットについて解説します。

羽毛枕や低反発枕のような柔らかい枕に慣れている人は、初めはその硬さに驚くかもしれません。公式のQ&Aでも「2〜3日経ちますが慣れるのにあとどのくらいかかりますか?」という質問があります。

私はこれまで低反発の枕を使用していましたが、ドクターズピローの硬さが気になったのは高さ調節で最初に頭をのせたときだけでした。寝姿勢が心地よかったからか、初日の夜からすぐ眠れたので気にならなかったと思います。

ドクターズピロー独自の枕の硬さは、寝姿勢を正しくキープしつつ寝返りをうちやすくしてくれますが、慣れるまでの時間は個人差がありそうです。

山田朱織枕研究所「整形外科枕ドクターズピロー」のメリット

ここからは、ドクターズピローのメリットについて詳しく解説していきます。

1.まるでオーダーメイド・自分サイズの枕

高さを調整していて思いましたが、本当に5mmの違いが寝ている姿勢を格段に楽にしてくれます。

最初の60cmは仰向けだとちょうど良いかな?と感じた高さでしたが、横向きになるとこんな感じでした。

首が斜めになってしまっているのがわかります。そこで5mmのシートを1枚外してみました。

寝姿勢が真っすぐになっています!改めて仰向けになると、こちらの高さの方がしっくりきました。

2.寝返りが楽!

とにかく寝返りが楽!以前は横向きになった時に腕を枕にしたことがありましたが、その理由はスムーズに寝返りがうてなかいからなのだそうです。

実際に使ってみて、深い眠りで楽に寝返りをうつことが大切だというのがよくわかりました!朝までぐっずり、かなり深く眠ったと実感する目覚めです

寝返りをうっても寝姿勢が崩れず、目覚めた時に「あぁ、ゆっくり休んだ!」という実感と肩や首回りがすっきりしてる感覚があります。

3.オーダーメイドより安い!

3万円代の整形外科枕と同水準の素材を使用してるのに、価格が1万円代とかなりリーズナブルに購入できます。

それなのに細かな調整も可能と考えると、整形外科枕ドクターズピローのコスパは最強です!

 

山田朱織枕研究所の「整形外科枕ドクターズピロー」まとめ

整形外科枕ドクターズピローまとめ
  • 6万人のオーダー枕を制作した山田朱織先生が作った枕
  • 自分で高さ調整できるセルフオーダー枕
  • 適度な柔らかさで寝返りがうちやすい
  • 高級枕の中ではわりと安くてコスパ良し
  • いびきも軽減しやすい

最強の枕「整形外科枕ドクターズピロー」についてまとめると上記のようになります。

寝起きの首の違和感やいびきなどに悩んでいる人にはとてもおすすめできる枕です。

高さ調整もしやすく、自分にベストな高さに調整することができてとても重宝しますよ。

今なら20日間の返金保証がついているので、気になる方はぜひ試してみて下さい。

この記事が枕選びの参考に少しでもなれば幸いです!最後までお読み頂きありがとうございます!

最強の枕「整形外科枕ドクターズピロー」の公式サイトはこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA