枕(まくら)

【2022年最新】羽毛枕のおすすめランキングTOP10!

羽毛枕

「羽毛枕ってどれがいいの?」

「気持ちよく朝まで快眠できる羽毛枕を購入したい!」

このように思っている人は多いのではないでしょうか。

そこで、今回はたくさんあって大変な羽毛枕選びをサポートすべく、おすすめの羽毛枕をランキング形式で紹介していきます。

好みの羽毛枕が見つけられるように、丁寧に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

羽毛枕とは?

羽毛枕とは、枕の中に入っている羽毛(ダウン)の比率は50%以上の枕を指し、羽(羽毛)が50%以上入っている枕を羽毛枕と言います。

羽毛枕は100%羽毛じゃないの?とよく勘違いしてしまう人も多いですが、実は100%羽毛でなくても羽毛枕と呼びます。

羽毛には多くの空気を取り込む性質があり、保湿性にも優れているため、秋冬などの寒い時期でもふっくらと温かい空気で頭皮を包み込んでくれます。

また、羽毛枕は通気性にも優れており、蒸れやすい夏場でも快適に過ごすことができますし、洗濯してもすぐに乾いてその日の夜にはふっくらとした羽毛枕を使用することも可能です。

羽毛枕とよく勘違いしてしまいがちな羽枕は、中身の半分以上がフェザーとなるため、羽毛枕を比較すると寝心地がかなり異なります。

羽毛枕の選び方を4つのポイントで解説!

  • 羽毛の種類
  • 側生地
  • アレルギーが心配なら人工羽毛
  • サイズで選ぶ

羽毛枕を選ぶ時は、上記3点に着目して選びましょう。

それでは、1点ずつ詳しく解説していきます。

羽毛枕の選び方1.羽毛の種類

羽毛枕に使われる羽毛には、「グース」と「ダック」の2つの種類があります。

グースは高級品の素材としても使用されており、ガチョウの羽毛です。

寒さが厳しい環境で育ったダチョウの羽毛は、品質が非常に高く、大きなダウンボールを摂取できる点が特徴です。

熱を閉じ込める性質を持ち、大きければ大きいほど熱を取り込むことができ、温かさをキープしながらも、軽い枕を作ることができます。

ダックはお手頃で温かく、アヒルの羽毛を指します。

グースよりも手ごろな価格で入手することができ、保湿性の高さから最高品質に分類されています。

グースよりも品質は劣りますが、低価格で品質の高い羽毛の枕を購入できる点はメリットと言えるでしょう。

羽毛枕の選び方2.側生地

羽毛枕を選ぶ時は、側生地で選ぶことも大切です。

側生地とは、枕の表面に使われる生地を指し、綿やポリエステル、ポリウレタン、テンセルなど、さまざまな素材があります。

側生地には通気性の悪い生地が使われている場合、枕に熱や湿気がこもりやすく、寝つきが悪くなってしまうこともあります。

また、自分の肌に合わない素材が使用されている場合、せっかく羽毛枕を購入しても快適に睡眠することはできません。

そのため、ただ羽毛が使われている枕を購入するのではなく、側生地に何が使われているのかを事前にチェックしておくことも重要なポイントです。

羽毛枕の選び方3.アレルギーが心配なら人工羽毛

アレルギーが心配であれば、人工羽毛も検討した方が良いでしょう。

人によっては羽毛に含まれるたんぱく質のアレルギーが気になるかもしれません。

羽毛枕は基本的に羽毛が外に出ないように工夫されているものが多いですが、それでも使用していると羽毛がカバーの外に出てしまうこともあります。

そのため、心配な人は人工羽毛を検討すると良いでしょう。

人工羽毛でも、羽毛のようなふわふわとした感触や柔らかさを保つ素材でできており、羽毛よりもお手頃な価格で手に入れられる点も魅力です。

また、ホコリやダストアレルギーが気になる人にもおすすめです。

羽毛枕の選び方4.サイズで選ぶ

羽毛枕を選ぶ時は、枕のサイズで選ぶことも重要なポイントです。

小さすぎると寝返りを打った時に頭が落ちてしまったりなど、快適な眠りを妨げてしまうこともあります。

サイズを選ぶ時は自分の好みに合わせて、自分の身体の大きさや使う用途に合わせて考慮すると良いでしょう。

また、普段寝返りをよくする人はワンサイズ大きめの枕を選ぶこともおすすめです。

一般的な枕を大きさをまとめましたので、参考にしてください。

ジュニア(幅29cm×奥行40cm) 子ども向け
シングル(幅43cm×奥行63cm) 普通体型の人向け(標準サイズ)
セミシングル(幅35cm×奥行50cm) 小柄な人向け
セミダブル(幅50cm×奥行70cm) 大柄な人向けor1人でゆったり使いたい
ダブル(幅43cm×奥行120cm) 大柄な人向けorパートナーと共有したい

羽毛枕10社を3つのポイントで比較!

料金 タイプ 備考
京都眠むの木|DP-1枕 9,800円(税込) 43×63cm重量:300g ハンガリー産ホワイトダックダウン90%、スモールフェザー10%、日本製
無印良品|グレーダウン混まくら 7,990円(税込) 40×60cm重量:0.55kg 綿55%、ポリエステル45% 詰め物:ダウン70%フェザー30%、ドライ、‎羽毛/羽根
東洋羽毛|ニージェ ダウンフィットピロー 19,500円(税込) 45×66重量:0.18kg ブルガリアンムラードホワイトダッグダウン50%、スモールフェザー50%、スフレウレタンフォーム、綿100%平織、表裏同柄プリント、中布入、ダウンプルーフ加工、抗菌防臭加工(SEK認証)、防ダニ加工
ニトリ|ホテルスタイルまくら 4,990円(税込) 幅40×奥行60×高さ20cm重量:0.2kg ポリエステル86%、ナイロン14%、ダウン70%、フェザー30%、洗濯機OK、抗菌加工、消臭加工、高さ調整、抗アレル物質
フランスベッド|キナリ色 枕 6,467円(税込) 50x70cm重量1.3kg フェザー100%、日本製
無印良品|羽根まくら 690円(税込) 43×63cm 洗濯OK、中国産、ポリエステル100%、詰め物:フェザー99%、ダウン1%、ダウンプルーフ加工
サカイ|ホテルデザイン ダウンピロー 4,599円(税込) 43×63cm重量:0.5kg ダウン(羽毛)50%、フェザー(羽根)50%、日本製、コーナー1か所ループ付、洗濯機OK
ロマンス小杉|羽毛まくら 14,300円(税込) 70×50cm重量:0.4kg 綿65%・ポリエステル35%、ダウン93%・フェザー7%(シルバーダウン)、日本製
シモンズ(Simmons)|プレミアムダウンピロー 10,780円(税込) 70cm×50cm重量:1.26 kg ‎羽毛/羽根、フェザー90%・ダウン10%、日本製
昭和西川|グースダウン枕 2層式 ラグジュアリーピロー 16,500円(税込) 43×63cm重量:850g ポリエステル80%、綿20%、ハンガリー産シルバーグースダウン90%、フェザー10%、日本製

以上が今回ご紹介する羽毛枕の一覧になります。

それぞれで一番のおすすめ枕を比べてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

以下に詳しく解説していきます。

【2022年最新】羽毛枕の人気おすすめランキングTOP10!

それでは早速、羽毛枕の人気おすすめランキングTOP10を紹介していきたいと思います。

それぞれの羽毛枕の特徴や料金など、詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ羽毛枕1位:京都眠むの木|DP-1枕

料金 9,800円(税込)
タイプ 43×63cm重量:300g
備考 ハンガリー産ホワイトダックダウン90%、スモールフェザー10%、日本製

京都眠むの木のDP-1枕は布団専門店が企画した本物志向の羽毛枕です。

一般的な羽毛枕とは異なり、ソフトで弾力感のある本物志向の羽毛・ダウンの枕をお探しの方におすすめできる羽毛枕です。

適度な弾力と柔らかさを出すために、安心安全の京都「眠むの木」オリジナル羽毛布団DT-B・HDに充填しており、心地の良い眠りへと導いてくれます。

また、「ちょっと柔らかめタイプ」と「しっかり固めタイプ」の2種類があり、自分の好みに合わせて使用できる点も魅力です。

上質の羽毛を使用しているのにもかかわず、1万円を切る価格で購入できるのは嬉しいですよね。

【京都眠むの木のDP-1枕はこんな人におすすめ】

  • 高品質の羽毛枕を使いたい人
  • 1万円以内の羽毛枕を探している人
  • 満足度が高い羽毛枕を使用したい人

京都眠むの木のDP-1枕はこちら

おすすめ羽毛枕2位:無印良品|グレーダウン混まくら

料金 7,990円(税込)
タイプ 40×60cm重量:0.55kg
備考 綿55%、ポリエステル45% 詰め物:ダウン70%フェザー30%、ドライ、‎羽毛/羽根

無印良品のグレーダウン混まくらはホテルの枕をお手本にダウンを70%入れた柔らかな感触の枕です。

ダウンは、ウクライナ産のグレーダックダウンを使用しており、自然の産物である羽根は丈夫で復元性が高いため長期間使用し続けることができます。

また、ダウンの混率が高く、羽毛ふとんのような感触で寝心地よく朝まで快眠できます。

無印良品の枕は店頭で試してから購入することもでき、洗濯をしたあとでも乾きやすく通気性も良いので快適に寝られることでしょう。

【無印良品のグレーダウン混まくらはこんな人におすすめ】

  • 店舗で実際に触り心地を確認してから羽毛枕を購入したい人
  • ホテルの枕のような質感の枕を使用したい人
  • 1万円以内の羽毛枕を探している人

無印良品のグレーダウン混まくらこちら

おすすめ羽毛枕3位:東洋羽毛|ニージェ ダウンフィットピロー

料金 19,500円(税込)
タイプ 45×66重量:0.18kg
備考 ブルガリアンムラードホワイトダッグダウン50%、スモールフェザー50%、スフレウレタンフォーム、綿100%平織、表裏同柄プリント、中布入、ダウンプルーフ加工、抗菌防臭加工(SEK認証)、防ダニ加工

東洋羽毛のニージェ ダウンフィットピローはダウンを50%使用し、ふんわり・やわらかな触感とスフレウレタンフォームの絶妙な組み合わせで、吸水性や吸湿性に優れているため、寝心地抜群です。

中材に使用したウレタンフォームは中に入っている羽毛の柔らかさの感触を妨げずに、しっかりと頭を支えて寝返り時も快適に朝まで睡眠できます。

色もブルーとピンク、グレーの3色から選ぶことができ、寝室のインテリアや雰囲気に合った色を選べる点も魅力の羽毛枕です。

頭部をやさしく包み込むと同時に押し戻す力が働くので、沈み込みすぎず頭部を支え、自然な寝返りにも期待ができる枕です。

残念ながら枕本体は洗えないため、枕カバーを装着した状態で使用することをおすすめします。

【東洋羽毛のニージェ ダウンフィットピローはこんな人におすすめ】

  • 吸湿性に優れた羽毛枕を探している人
  • 頻繁に寝返りを打つ人
  • 自分の好みに合わせて枕を調整したい人

東洋羽毛のニージェ ダウンフィットピローこちら

おすすめ羽毛枕4位:ニトリ|ホテルスタイルまくら

料金 4,990円(税込)
タイプ 幅40×奥行60×高さ20cm重量:0.2kg
備考 ポリエステル86%、ナイロン14%、ダウン70%、フェザー30%、洗濯機OK、抗菌加工、消臭加工、高さ調整、抗アレル物質

ニトリのホテルスタイルまくらは中材に羽毛を使用し、快適な寝心地を味わえる羽毛枕です。

ふんわりとしたやわらかさで、吸湿放湿性に優れており、安心の抗アレル物質・抗菌加工・消臭加工です。

中材の羽毛はウォム加工されており、羽毛自体の臭いを軽減しているため、匂いに敏感な人にもおすすめの羽毛枕になります。

2枚のシートが入っており、お好みに合わせて寝心地を変えたり、高さを調整することもできるため、首や肩が疲れにくくなる構造になっている点も魅力です。

また、ネットを使用すれば気軽に洗濯機で洗うことができるため、いつでも清潔な枕を使用することもできます。

ボリュームたっぷりのふわふわでやわらかい枕となっており、深めに頭をのせ、後頭部から首筋にかけて全体で頭の重さを支えることで、首や肩のコリ解消にも期待ができます。

【ニトリのホテルスタイルまくらはこんな人におすすめ】

  • ホテルの枕のような質感の枕を探している人
  • 低価格の羽毛枕を探している人
  • 洗濯機で丸洗いできる羽毛枕を探している人

ニトリのホテルスタイルまくらこちら

おすすめ羽毛枕5位:フランスベッド|キナリ色 枕

料金 6,467円(税込)
タイプ 50x70cm重量1.3kg
備考 フェザー100%、日本製

フランスベッドのキナリ色 枕はふわふわとした軽い質感が特徴で、ほどよく頭が沈むため、快適に朝まで快眠することができます。

また、寝返りがしやすい点も魅力で、首が痛くなってしまう人や、頻繁に寝返りを打つ人などにもおすすめです。

側生地は綿100%となっており、サラサラの質感で、お肌にも良いです。

価格も比較的手を出しやすい値段となっていうため、低価格の羽毛枕を探している人にもおすすめです。

一般的な標準枕よりも少し大きめに作られているため、体格が良い人や寝返りを頻繁に打つ人でも、朝まで快適に眠れることでしょう。

【フランスベッドのキナリ色 枕はこんな人におすすめ】

  • 湿気の熱がこもらない枕を探している人
  • 肌触りの良い羽毛枕を探している人
  • 日本製の羽毛を使用している枕を探している人

フランスベッドのキナリ色 枕こちら

おすすめ羽毛枕6位:無印良品|羽根まくら

料金 690円(税込)
タイプ 43×63cm
備考 洗濯OK、中国産、ポリエステル100%、詰め物:フェザー99%、ダウン1%、ダウンプルーフ加工

無印良品の羽根まくらは水鳥のフェザーを使った、しっかりした使い心地の枕で、軽くてへたりにくいため、長く愛用することができます。

また、羽根の突き出しを防ぐ為、側生地は二重構造になっており、四辺は二本針でのステッチ仕様で処理しており、丈夫さにも定評があります。

側生地はオーガニックコットンを100%使用しており、これほどの品質の羽毛枕が1,000円を切る価格で購入できる点は、非常に大きな魅力です。

そのため、羽毛枕を使いたいけど、高くて購入できなくて悩んでいる人にもおすすめの羽毛枕です。

43×63cmと50×70cmの2つの大きさの枕があり、大きめのサイズが良い人でも問題なく朝まで快適に眠れることでしょう。

【無印良品の羽根まくらはこんな人におすすめ】

  • 軽い羽毛枕を探している人
  • 1,000円以下の羽毛枕を探している人
  • 肌触りの良い羽毛枕を使用したい人

無印良品の羽根まくらこちら

おすすめ羽毛枕7位:サカイ|ホテルデザイン ダウンピロー

料金 4,599円(税込)
タイプ 43×63cm重量:0.5kg
備考 ダウン(羽毛)50%、フェザー(羽根)50%、日本製、コーナー1か所ループ付、洗濯機OK

サカイのホテルデザイン ダウンピローはホテルデザインの高級感とこだわりの機能性を兼ねそろえた羽毛枕です。

洗濯機で気軽に洗えるため、常に清潔な状態の枕を使用できます。

また、ダウンの吹き出しを防ぐ中生地っと側生地の二重構造になっており、枕からダウンがはみ出してくる心配はありません。

タンポポのような綿毛のようなふわふわのダウンとフェザーを50%ずつ使用しており、ダウンのやわらかさはそのまま、しっかり首を支えてくれます。

サカイのホテルデザイン ダウンピローはチリダニや気管支喘息、アトピー性皮膚炎なども予防することができ、就寝中も快適に過ごすことができます。

【サカイのホテルデザイン ダウンピローはこんな人におすすめ】

  • 洗える羽毛枕を探している人
  • アレルギー体質を持っている人
  • 羽毛枕が枕カバーから出ない枕を探している人

サカイのホテルデザイン ダウンピローこちら

おすすめ羽毛枕8位:ロマンス小杉|羽毛まくら

料金 14,300円(税込)
タイプ 70×50重量:0.4kg
備考 綿65%・ポリエステル35%、ダウン93%・フェザー7%(シルバーダウン)、日本製

ロマンス小杉の羽毛まくらは寝心地を追求したロマンス小杉の定番シリーズです。

ダウンを0.45kg使用したふんわりタイプで、寝心抜群の羽毛枕です。

ふわふわのダウンを93%使用しており、程よいボリュームと弾力で、頭部を優しく支えてくれます。

また、ポリエステル混の生地は、適度なやわらかさと吸湿性ががあるため、朝までぐっすり快眠できます。

また、トップメーカーロマンス小杉の商品である羽毛まくらは有名百貨店の寝具売り場でも取扱いがされている、トップクラスの寝具メーカーとなり、厳しい自社基準に基づいて検査製造がなされている点も魅力です。

側生地は綿65%を使用しており、ポリエステル混の生地にすることで、ムレ感を軽減するだけでなく、軽さや触りごこちの良さも魅力の羽毛枕となります。

【ロマンス小杉の羽毛まくらはこんな人におすすめ】

  • ふんわりと優しい寝心地を体感したい人
  • トップメーカーの羽毛枕を探している人
  • サイズや仕様が豊富な羽毛枕を探している人

ロマンス小杉の羽毛まくらこちら

おすすめ羽毛枕9位:シモンズ(Simmons)|プレミアムダウンピロー

料金 10,780円(税込)
タイプ 70cm×50cm重量:1.26 kg
備考 ‎羽毛/羽根、フェザー90%・ダウン10%、日本製

シモンズ(Simmons)のプレミアムダウンピローは弾力性がありながらふんわりとした心地よさが楽しめる羽毛枕です。

羽毛ならではのソフトな弾力を楽しみたい人は2種類の充てん量でお好みの高さに調整できる点が魅力です。

また、やわらかな感触のフェザー(90%)と綿毛のようなダウン(10%)が混合しており、羽根の芯が細いスモールフェザーを使用しているため、就寝中に不快感を感じることもありません。

シモンズ(Simmons)は「世界のベッド」として愛されるベッドブランドのため、これを機にマットレスや羽毛布団などを揃えると、なお寝心地が良くなることに期待ができます。

シモンズ(Simmons)のプレミアムダウンピローは中央部はしっかりと底つき感がスクな心地よさを追求しており、普段寝苦しさを感じていた人や、夜中に何度も起きてしまっていた人でも、朝までしっかり快眠できます。

【シモンズ(Simmons)のプレミアムダウンピローはこんな人におすすめ】

  • 高級ブランドの羽毛枕を使用したい人
  • 日本製の羽毛枕を使用したい人
  • 90%以上の羽毛を使用している羽毛枕を使用したい人

シモンズ(Simmons)のプレミアムダウンピローこちら

おすすめ羽毛枕10位:昭和西川|グースダウン枕 2層式 ラグジュアリーピロー

料金 16,500円(税込)
タイプ 43×63cm重量:850g
備考 ポリエステル80%、綿20%、ハンガリー産シルバーグースダウン90%、フェザー10%、日本製

昭和西川のグースダウン枕 2層式 ラグジュアリーピローは羽毛の包み込むようなやわらかさで、耐久力と臭いの少なさが自慢のグースダウンを使用した高品質な二層式まくらです。

自分の好きな面を上にして使用することができる2層式で、羽毛布団にも使われるグースは臭いが少なく、耐久性にも優れています。

ダウン面はふっくらと包み込まれるような、フェザー面はやわらかくも弾力性のある寝心地が感じられるため、その日の気分に合わせて表と裏を使い分けることも可能です。

側生地には、上質な超長綿を使用しており、シルクのような肌触りでお肌にも優しい点も魅力です。

昭和西川のグースダウン枕 2層式 ラグジュアリーピローは臭いの原因となるバクテリアの繁殖を抑制する効果もあり、嫌な生乾き臭がすることもなく、その効果は洗っても洗っても持続します。

【昭和西川のグースダウン枕 2層式 ラグジュアリーピローはこんな人におすすめ】

  • 高品質の羽毛枕を使用したい人
  • 長く愛用できる羽毛枕を探している人
  • 肌触りが良く肌に負担がかからない枕を探している人

昭和西川のグースダウン枕 2層式 ラグジュアリーピローこちら

羽毛枕を買うなら京都眠むの木のDP-1枕が最もおすすめ!

  1. 品質の高いダウン
  2. 1万円を切る低価格
  3. 長く愛用できる枕

京都眠むの木のDP-1枕は品質の高いハンガリー産マスコビ―ホワイトダックダウン90%スモールフェザー10%を使用しており、オリジナルのダウン枕です。

高品質の羽毛枕が1万円を切る低価格で購入することができる点は、非常に嬉しい魅力と言えるでしょう。

また、京都眠むの木のDP-1枕は枕をそのまま使うのではなく、カバーを使い、枕を横から軽く叩くことで、羽毛をほぐしていつまでも質の高い睡眠に期待ができます。

羽毛枕は洗濯できる?洗い方やコインランドリーで大丈夫かもご紹介!

羽毛枕は基本的に丸洗いできますが、乾かし方を間違ってしまうとせっかくのふわふわ間が損なわれてしまうため、注意が必要です。

また、羽毛を温水で洗うと汚れが落ちやすくなります。おしゃれ着洗剤を使用して、できるだけ手洗いするようにしてください。よく洗った後は泡が出なくなるまでしっかりすすぎ、乾かします。

羽毛の場合は乾かし方に注意が必要です。羽毛枕を乾かす時は天日干しは避けて、日陰の風通しの良いところで数日干してください。干している間は、定期的によく振って、中の羽毛に風を通すようにしてください。羽毛枕は洗濯叩きで叩くと、中の羽毛の繊維を痛めてしまう可能性があるため、絶対にNGです。中に空気を入れるイメージで優しく振るようにしてください。

コインランドリーで洗濯するのも基本的にはNGです。

ただし、洗濯機で洗える羽毛枕もあるため、詳しくは洗濯する前に洗濯表示を確認したうえで適切な方法で羽毛枕を洗ってください。

羽毛枕はクリーニングに出すのがおすすめ?

家庭内で羽毛枕の丸洗いにはどうしても限界があり、雑菌等を全てキレイに取り除くことは難しいです。

枕は毎日快適な眠りをサポートしてくれるアイテムのため、できれば清潔な状態の枕を使用したいですよね。

そこで、家庭内で丸洗いできない場合は、年に数回程度羽毛枕をクリーニングに出してあげてください。

クリーニングに出すことで、プロの手によって羽毛枕の素材や状態に適したクリーニングをしてくれるため、品質を損なうことなく、清潔な枕を使用し続けることができます。

羽毛枕を乾燥機に入れても大丈夫?

通常の枕であれば乾燥機で乾燥させても特に問題はありませんが、羽毛枕の場合は品質が保てなくなる場合があるため、乾燥機に入れて乾かすのはあまりおすすめできません。

羽毛枕は決して安いものではないため、長く愛用するためには、適切な洗濯方法と乾燥方法でキレイに保つことが大切です。

羽毛枕は臭い?

新品も羽毛枕は、獣のようなにおいがすることも多いです。

これは、アヒルやガチョウの羽を使用しており、その羽に付着している脂分がにおう原因とされています。

また、洗浄がしっかりできてなかったりするとかなりにおいがする場合も多く、購入してもすぐ使うのに抵抗がある人も多いでしょう。

羽毛枕が臭いと感じる場合は、自分で洗濯をすればにおいを取り除くことができます。

羽毛枕の洗濯表示を確認した後に、先ほど紹介した洗濯方法を参考にして、キレイに洗ってください。

羽毛枕にオキシクリーンを使う効果は?

羽毛枕にオキシクリーンを使用することで、枕に付着した黄ばみを落とすことができます。

オキシクリーンは水に混ざると化学反応を起こしてアルカリ性の水溶液になります。

そのため枕の黄ばみの原因である皮脂や汗染みなどの酸性の汚れには大変有効に作用するという性質があります。

汚れ具合にもよりますが、じっくりとつけおき洗いをすれば、大抵の汚れは落とすことができます。

また、オキシクリーンは羽毛枕に付着した皮脂汚れもキレイに落としてくれるため、定期的にオキシクリーンを使って枕を洗えば、常に生活な状態の羽毛枕で眠りにつくことが可能です。

羽毛枕のおすすめについてまとめ

まとめ
  • 羽毛枕とは、枕の中に入っている羽毛(ダウン)の比率は50%以上の枕を指し、羽(羽毛)が50%以上入っている枕を指す
  • 羽毛枕を購入する時は「羽毛の種類」「側生地」「アレルギーが心配なら人工羽毛」「サイズ」で選ぶのが良い
  • 羽毛枕は基本的に洗濯機や乾燥機に適していない
  • 羽毛枕を洗うなら手洗いかクリーニングで日陰の場所で数日間干す
  • 人気おすすめの羽毛枕は京都眠むの木のDP-1枕
  • 低価格の羽毛枕を探しているなら無印良品の羽根まくらがおすすめ
  • 新品の羽毛枕でも獣臭がする場合がある

以上が今回ご紹介した内容のまとめになります。

今回は10社の人気の羽毛枕を比較して、ランキング形式でご紹介しましたが、各社からは紹介した羽毛枕以外にもたくさんの種類の枕が発売されています。

それぞれの羽毛枕を比較しながら、あなたが快適に眠れる羽毛枕を探してみてください。

少しでも枕選びのお力になれれば光栄です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

羽毛枕のランキングをもう一度見る!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA