枕(まくら)

新生児が使える枕(まくら)選び!通販で買えるおすすめ5商品を紹介

山下
山下
こんにちは、休養メディアDO-GEN編集部の山下です。

「赤ちゃんの頭の形が気になる!」
「新生児から使えるおすすめの枕はどれ?」

この記事にたどりついたあなたは、上記のように思っているのではありませんか。

向きグセや絶壁頭、吐き戻しの防止を目的とした枕を買おうとしても、通販ではたくさん売られていて、どれが良いのか決めかねてしまいますよね。

この記事では、新生児から使える枕を選ぶポイントとおすすめの枕5つを紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください。

新生児の枕(まくら)選び!気を付けるポイント3つを紹介

星型のベビー用枕
赤ちゃんの頭はとても柔らかく繊細なので、枕を選ぶ際は様々な点に注意が必要です。

ここでは3つのポイントを紹介します。

【新生児の枕選び!ポイント①】枕の形

新生児が使う枕には、安眠のほかに「向きグセや吐き戻しを防止」する役割をもっているものが多いです。

まずは、赤ちゃんの悩みに応じた枕の形を選択しましょう。

向きグセ、頭の形のゆがみ、絶壁を防止=ドーナツ型やくぼみ型

「ドーナツ型・くぼみ型」の枕は、真ん中が空洞になっていたり、くぼんでいる枕のことを言います。

新生児の頭はとても柔らかく、いつも同じ姿勢で寝ていると、その部分に圧力がかかり、頭の形がゆがんでしまいます。

ドーナツ型やくぼみ型の枕を使うことで、きちんと上を向きながら眠ることができ、また、頭にかかる力が分散してくれるので、絶壁頭になることも防止してくれます。

吐き戻しを防止=傾斜型

「傾斜型」の枕は、なだらかな傾斜がついた枕のことをいいます。

新生児は胃が小さく、未熟なため吐き戻すことが多いです。

寝ている間に吐き戻してしまうと、気管に詰まってしまい窒息してしまうことがあるので注意が必要です。

傾斜型の枕を使うことで、上半身を起こした状態になるので、ミルクが逆流し窒息することを防ぐことができます。

その他にも鼻づまりを起こしているときに、鼻づまりを軽減し、呼吸を楽にしてくれることもあります。

【新生児の枕選び!ポイント②】素材

赤ちゃんの肌に触れても安心な素材を選ぶようにしましょう。

綿100%やオーガニックコットンは赤ちゃんの肌への刺激も弱く、汗などを吸水しやすくおすすめの生地です。

その他、タオル地やガーゼなど、肌に優しい素材を選ぶようにしましょう。

新生児は汗や吐き戻しなどでカバーだけでなく中身も汚れることも多いので、本体ごと丸洗いできる枕を選ぶのがgoodです。

【新生児の枕選び!ポイント③】対象月齢

商品によって、使用開始時期が「生後1か月から」や「首が座ってから」と指定されているものがあります。

赤ちゃん用の枕は、赤ちゃんの成長に合わせて作られています。

安全に使用するためにも使用開始時期の確認は必ずおこないましょう。

新生児向けおすすめ枕(まくら)5選

通販サイトで購入できる新生児向けの枕を5つ紹介します。

枕選びのポイントで説明した「枕の形」「素材」「対象月齢」を中心に評価しました。

ぜひ新生児でも使える枕選びの参考にしてみてください。

【新生児向け枕①】東京西川 医師がすすめるドーナツ枕(0~3ヶ月用)

東京西川 医師がすすめるドーナツ枕(0~3ヶ月用)
枕の形 ドーナツ型
仰向けや横向き寝にも対応した、後頭部のおさまりが良い中央ドーナツ形状
素材 枕カバー:タオル地
本体:パイプ、ポリエステルわた
(枕カバー、本体ともに手洗い可能)
対象月齢 0~3ヶ月
値段 1,131円+送料540円(楽天)

赤ちゃんがはじめて出会う枕として、医学博士がおすすめしている商品です。

汗を吸い取り、湿気を逃がす二重構造でムレやすい頭の湿気を逃がします。

「以前違う形状の枕を購入しましたが、耳が埋もれてしまうことで乳児湿疹がつぶれてかぶれてしまい、耳が埋もれにくい形状の物を…と思い購入しました。
この枕を使い始めてからかぶれることなく、頭の形も少し落ち着いてきたような気がします。」

「生後2週間の新生児です。
この枕を使うと眠りがいいのかかなりぐっすり寝ています。
今後も成長に合わせて購入する予定です。」

といったレビューがありました。

対象月齢や年齢ごとに医師がすすめるベビー枕、幼児枕のラインナップがあり、子どもの成長に合わせた枕を使うことができます。

初めて枕を使う赤ちゃんにオススメの商品です。

この商品のAmazonはこちら

この商品の楽天はこちら

【新生児向け枕②】Coperta(コペルタ) ベビー枕

Coperta(コペルタ) ベビー枕
枕の形 ドーナツ・くぼみ型
絶壁・向きグセを防止、頭をサポートする中空設計
新生児の首に合わせた高さゼロ設計
素材 表側地:パイル生地、裏面:メッシュ素材
本体:ソフトウレタンフォーム、ポリエステル綿
対象月齢 0~12ヶ月
値段 2,399円(Amazon)

幼児の人体工学の設計に基づき、首のカーブが未発達な新生児に最適な高さゼロ設計の商品です。

中央にあるくぼみが赤ちゃんの頭にかかる力を分散させて、頭の変形を防ぎます。

「睡眠時に絶壁頭にならないように、かわいい赤ちゃん用枕はないかなと探していました。
洗い替えがついてくるのと、かわいいデザインが気に入って購入しました。
実物もとてもかわいくてしっかりした造りの商品です。」

「天然のオーガニックコットンを使用しているため、皮膚にやさしく肌触りがよいことがうれしいです。
頭の変形を防ぐ設計も赤ちゃんの頭をしっかり包み込むようにしてくれています。」

といったレビューがありました。

天然素材100%で替えカバーがついていること、かわいいデザインなどが人気の商品です。

この商品のAmazonはこちら

この商品の楽天はこちら

【新生児向け枕③】ジェルトロン ベビーまくら

ジェルトロン ベビーまくら
枕の形 ドーナツ・くぼみ型
真ん中のくぼみで不安定な赤ちゃんの頭や首を支える設計
素材 枕カバー:オーガニック生地orタオル生地
本体:パイル素材+高通気フォーム
(本体ごと水洗い可能)
対象月齢 0ヶ月~
値段 3,960円(楽天)

宇宙船内用衝撃緩衛材の研究開発から生まれた、新素材「ジェルトロン」。

「硬すぎず柔らかすぎない」不思議な感触で、体にフィットし、未発達なあかちゃんの頭部や首を優しく支えます。

通気性にも優れており、汗っかきのあかちゃんでも快適に使えます。

「絶壁予防に、評判の良かったジェルトロンを新生児の時から使用しています。
絶壁が防げているかの効果のほどは、頭の形が定着する1歳ぐらいになるまでわかりませんが、続けたいと思います。」

「こちらの枕を使用して良かった点は、必ず上を向いて寝てくれることです。
うちの子には向きグセがあったのですが、こちらの枕を使用したら、必ず上を向いて寝てくれるので、頭がいびつになりにくいかなと思いました。
ただずっと使っていると絶壁になります。」

といったレビューがありました。

まくら本体ごと水洗い可能なので、いつも清潔な状態で使えるおすすめの商品です。

この商品のAmazonはこちら

この商品の楽天はこちら

【新生児向け枕④】Adokoo ベビーまくら

Adokoo ベビーまくら
枕の形 独特な球面設計
中心部の凹みが均一に頭圧を分散
素材 枕カバー:ピロード生地
本体:低反発素材
(枕カバーのみ洗濯可能)
対象月齢 新生児からOK(おすすめは生後3~24か月)
値段 2,980円(Amazon)

頭部の形を安定させる独特な凹み設計で、理想的な姿勢を保ち、均等に圧力がかかります。

絶壁頭や向きグセを予防することができる枕です。

「右への向きグセがひどく、頭の形が心配で様々な枕を試してきました。
これまでの枕と比べて値段は高いですが、買った初日から真上を向いて寝てくれました。」

「肌触りや、柔らかさ等とても良くて、この枕を使ってからは、気持ちよく寝てくれるようになりました。
ピッタリと頭にフィットしているようです。」

といったレビューがありました。

Amazonや楽天のベビー用枕部門で1位を獲得している人気の商品です。

多くの方がドーナツ型の枕からの買い替えで購入しており、向きグセや絶壁頭に効果が見られたと感じています。

この商品のAmazonはこちら

この商品の楽天はこちら

【新生児向け枕⑤】サンデシカ スリーピングピロー(吐き戻し防止ベビー枕)

サンデシカ スリーピングピロー(吐き戻し防止ベビー枕)
枕の形 傾斜型
10度の緩やかな傾斜つき
素材 枕カバー:6重織りのガーゼ(洗濯可能)
中素材:ポリエステル(手洗い可能)
対象月齢 0カ月~
値段 3,740円(楽天)

10度の傾斜をつけることで、赤ちゃんの頭を少し高くして寝かせ、吐き戻しや鼻詰まりを防いでくれます。

横幅は50cmあり、より快適に赤ちゃんを寝かせてあげられます。

「新生児の時から寝かせると吐き戻しが多かったので購入してみました。
傾斜がつくので吐き戻す回数が減り、買ってよかったです。
大きすぎず、小さすぎずで私の枕の隣に置いていますが、邪魔にならずにちょうどよくベッドに収まります。
10ヶ月になりましたが、今も使用しています。」

「授乳後げっぷをさせ、20~30分縦抱きにしていても、吐き戻ししていましたが、こちらの商品を利用してからは吐き戻さなくなりました。
この少しの傾斜でこんなにも違うんだと実感です。」

といったレビューがありました。

傾斜がついていて、6重ガーゼ使用、本体も丸洗い可能と吐き戻しが多い赤ちゃんが使いやすいおすすめの枕です。

この商品のAmazonはこちら

この商品の楽天はこちら

新生児向け枕(まくら)選び!口コミを紹介

https://twitter.com/kotorito_suzuto/status/1227126629777866752
https://twitter.com/UniKurosawa/status/1147542926093770752
初めての育児で慣れないママたちから、新生児の枕事情を知りたい声がたくさんありました。

Twitterで見つけた新生児の枕情報を紹介します。
https://twitter.com/chamiko67590024/status/1283737934688997376
絶壁や向きグセが気になるときは、ドーナツ型の枕を活用している方が多くいました。


Twitterで検索すると吐き戻し枕は「効果がなかった!」と感じる方もいました。

しかし枕に頼り切るのではなく、上記のようにうまく活用することで、悩みが解消できるかもしれません。
https://twitter.com/ikoiko0722/status/1159056087376547840
西松屋などのベビー用品店でもドーナツ枕を購入できるので、実際の商品を見たい方は店舗に行ってチェックしてみてください。

新生児向け枕(まくら)選びについてまとめ

新生児向けまくら選びについてまとめ
  • 向きグセや絶壁頭が気になるときは、ドーナツ型やくぼみ型がおすすめ
  • 吐き戻しが気になるときは、傾斜型がおすすめ
  • あかちゃんの肌に触れても安全な素材を選ぶ
  • 商品によって対象月齢が異なるので、必ず確認する
  • Adokoo ベビーまくら
  • 東京西川 医師がすすめるドーナツ枕(0~3ヶ月用)
  • Coperta(コペルタ) ベビー枕
  • ジェルトロン ベビーまくら
  • サンデシカ スリーピングピロー(吐き戻し防止ベビー枕)

新生児向けの枕選びのポイントとおすすめの枕についてまとめると、上記のようになりました。

向きグセや頭のゆがみ、吐き戻しが気になるときは、それらを防止する専用の枕を使ってみてください。

新生児の頭は非常に柔らかいので、成長に合った適切な枕を選ぶようにしてくださいね。

この記事が新生児の枕選びに悩んでいる方の参考になれば幸いです。

またDO-GENでは、大人向けのおすすめの枕もご紹介しています。合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA